癒し旅ならこの港町「福山市・鞆の浦」のおすすめ観光プラン


2015.11.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

瀬戸内海を望む絶景、歴史あるレトロな町並み、そして温かな人情…。そんな福山市・鞆の浦には癒しを求めて旅する人が急増中! 数々の映画やドラマのロケ地にも選ばれた港町で、「仙酔島」などの観光やグルメを合わせて楽しむ旅をご案内します。
福山駅⇔鞆の浦はバス移動が便利
福山駅から鞆の浦への移動には鞆鉄(トモテツ)バスがおすすめ。約30分ほどのバスの旅ですが、春や秋の土日祝日には写真のようなボンネットバスの運行も♪
車掌さんのがま口型カバンが年代物だったり、車内はレトロな雰囲気がいっぱい。観光案内までしてもらえる楽しいボンネットバスは、なんと1958年(昭和33年)製造! 修理などでお休みした時期もあるそうですが、まだまだ頑張って働いているんですよ☆
平成いろは丸で訪ねるパワースポット「仙酔島」
仙人も酔ってしまうほど美しいという意味の「仙酔島(せんすいじま)」は、鞆の浦ではぜひ行っておきたい場所。「五色岩」などのパワースポットや、瀬戸内海国立公園の絶景が広がります。島内には宿もあり、日帰りでお風呂や食事を楽しめるプランまで♪
鞆の浦から仙酔島へのアクセスは、鞆港渡船桟橋から市営渡船「平成いろは丸」で5分ほど。朝7時台~夜の9時台まで運航していて便利ですが、島内には歩く場所が結構ありますので、後回しにしないで、早い時間に訪ねておいたほうが良いでしょう。
歴史あるカフェ「深津屋」で安らぎのひと時
鯛料理などの名物料理は、もちろん味わってほしいのですが、鞆の浦には素敵なカフェもたくさんあるんです。中でも、江戸時代創業の「澤村船具店」に隣接する民芸茶処「深津屋」は、150年経つ古民家を改築した和風カフェ。梁や柱にも懐かしい雰囲気が漂っています。
メニューの中でも、香ばしい薫りの「炭焼きコーヒー」は、「崖の上のポニョ」を製作する際、鞆の浦に滞在していた宮崎駿監督が、度々通って注文したほどのお気に入り☆ 町歩きの合間に、こんな安らぐ場所でほっと一息つくのもいいですよね。
歴史あるカフェ「深津屋」で安らぎのひと時
写真右奥に見えるのは、鞆の浦のシンボルといってもいい、鞆港の「常夜燈(じょうやとう)」。安政六年(1859年)に建造され、潮待ちの港として栄えた鞆の浦の海上安全を支えました。海中の亀腹型石積まで含めると10mを越す大きさで、港の常夜燈としては日本一!
ロケ地として、映画やテレビにも多く登場したこの風景は、確かにとても絵になりますね☆ テレビドラマ「流星ワゴン」の福澤監督が、瀬戸内海をくまなく探した結果、この鞆の浦をロケ地に選んだというお話にもうなずけます。
お土産を探すなら「けんちゃんのいりこ屋」
店頭に並んだ瀬戸内海の海産物は、地元の走島や瀬戸内でとれた新鮮なもの。無添加、無着色、無漂白にこだわっているので、ビールのおつまみだけでなく、子供さんのおやつにも安心。一番人気は「チイチイいか」。そのままおつまみでも食べられるし、水で戻して煮付けや天ぷら、炊き込みご飯にしても美味しいんです♪
「けんちゃん」というのは店長のご主人、そして看板娘は店長のお母さん。ほんわか優しい笑顔で試食を勧めてくれたり、ロケの様子なども聞かせてもらったり…港の潮風に包まれるような雰囲気につられて、ついついたくさん購入しちゃうかも^^
鞆の浦には観光もグルメもまだまだいっぱい!
今回は、観光スポットもグルメも巡る欲張りな旅をご紹介しましたが、ロケ地めぐり、グルメ三昧、歴史探訪など、いろいろなテーマで巡る鞆の浦も楽しんでくださいね^^ 

read-more
澤村船具店
place
広島県福山市鞆町鞆907
phone
0849822003
no image
福山
place
広島県福山市三之丸町
仙酔島
place
広島県福山市鞆町後地
no image
民芸茶処・深津屋
place
広島県福山市鞆町鞆852
phone
0849821006
opening-hour
9:30-17:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら