花のババロア havaro
2016.5.4更新

食べるのがもったいない! 本物のお花を使った可憐なスイーツ

花のババロア havaro

  • グルメ

JR東京駅八重洲北口改札のすぐそばに、定番の東京みやげや注目のスイーツショップが並ぶ「TOKYO Me+」がある。そしてその一角にある「花のババロアhavaro」は、オープン以来、閉店前に売り切れてしまう日も少なくないスイーツの人気店。愛される理由は、エディブルフラワー(食用花)を使った独創性と美しさ。大切な人への手みやげとして、自分へのごほうびとして、今、大注目の新スイーツです。

きれい!おいしい!ヘルシー! エディブルフラワーを使ったババロア専門店

花のババロア havaro 「エディブルフラワー」とは、食用に栽培された食べられるお花のこと。日本で古くから食べられている菜の花や食用菊もその一種。栄養価が高いものもあり、いま、とても注目されている食材なんです。
「花のババロアhavaro」では、このエディブルフラワーをスイーツに取り入れ、「Bouquet(花束)」、花が咲いたような「Fleur(花)」、小さなキューブ状の「Petale(花びら)」の3つの形をベースに、さまざまなフレイバーを販売しています。ババロアと、花を閉じ込めたゼリーの2層構造のスイーツは、可憐な花とゼリーの輝きがあいまってジュエリーのような美しさ。まるでショーケースの中に花が咲いているようです。

お花とスイーツがひとつになったスペシャルな一品を、大切な女性への贈り物に

花のババロア havaro 花は、同じ種類でも一つひとつ形や色が違うため、ババロアとお花の味や色・形、すべてのバランスを考えて組み合わせ、一品一品手づくり。見た目の美しさはもちろん、どんなおいしさが待っているのか、そのワクワク感も楽しめるはず。これは、大切な人へのプレゼントにはぴったりじゃないですか! 実際、ショーケースの前に立つと、どれもステキでチョイスに迷ってしまいます。花とスイーツが一体となった世界にひとつだけのスイーツ。喜ばれること間違いなしですね。

花のババロア havaroの基本情報

住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街1階TOKYO Me+
アクセス JR各線「東京」駅八重洲北口改札を出てすぐ
お問い合わせ 03-3218-0051

花のババロア havaro周辺の観光スポット

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

BAR RESTAURANT BAN×KARA ZONE-R

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

洒落たイタリアンバルレストラと思いきや、誰かが歌ってる?!  実はここ、「生バンド」で「カラオケ」、…

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

エンターテイメントレストラン「六本木金魚」

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

歌舞伎を鑑賞しながら、幕間には幕の内弁当に舌つづみ。江戸時代から続く、そんな庶民の娯楽を現代風のエン…

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

BrewDog Roppongi

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

「BrewDog」は、2007年にスコットランドで誕生したクラフトビールのブルワリー。またたく間に世…

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

Zeppブルーシアター六本木

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

本格的なライブ・エンタテインメントを見るというならココ。 900席もあるのに、キャストの息づかいまで…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

top