秋田きりたんぽ屋
2017.4.17更新

ここに行けば秋田の“旨い”のすべてが味わえる!

秋田きりたんぽ屋

  • グルメ

秋田県にはうまいものが沢山ありますが、絶対に訪れて欲しいのが「秋田きりたんぽ屋」。店名になっている「きりたんぽ鍋」をはじめ、比内地鶏やハタハタといった特産品を使った郷土料理や、米どころならではの旨い地酒が味わえる店として人気です。また雪深い山奥の猟師小屋に紛れ込んだかのような雰囲気ある店内が、旅情気分を盛り上げてくれるのも嬉しい。立地も良く、ひとりでも気軽に行ける、とっておきのお店をご紹介します!

新鮮な海の幸山の幸とうまい酒が勢ぞろい!秋田を食べ尽くす!

秋田きりたんぽ屋

美味しいもの好きなら目移りしてしまいそうな魅力的な店が軒を連ねるJR秋田駅の西側。駅から徒歩約3分の好立地に「秋田きりたんぽ屋」はあります。店先できりたんぽを焼いている様子からすでに期待は高まりますが、そんなことで感動するのはまだ早い。メニューには「きりたんぽ鍋」の他にも秋田県の県魚ハタハタと秋田の魚醤しょっつるのハーモニーが絶品の「ハタハタのしょっつる鍋」、新鮮な魚介の入った木桶に焼いた石を投じて作る漁師料理の再現「男鹿半島の石焼鍋」など、いかにも秋田といった鍋料理がずらり。また同店ではひとり客でも気軽に立ち寄れるよう、鍋料理だけでなく地元素材を生かした一品料理も充実。ハタハタだけでも一夜干しや塩焼きといった定番の他、刺身で食べられるのは地元ならでは。そして、郷土料理に合わせるといえばやっぱり日本酒。秋田は日本有数の米どころ、つまり酒どころでもあるのです。県内に三十以上ある蔵元の社氏がお勧めする、その時期に一番美味しい逸品を飲めるのは地元のお店ならではの特典。マタギ(猟師)小屋をイメージした店内で秋田の旨いものに舌鼓を打てばもう、こでらえねぇ(秋田弁で「たまんない」の意)。日曜祝日のみのランチでは“きりたんぽ鍋定食”もあるので、要チェックです!

秋田きりたんぽ屋の基本情報

住所 秋田県秋田市中通2丁目7-6 緑屋駅前ビル1F
アクセス JR秋田駅西口より徒歩3分
お問い合わせ 018-801-2345

秋田きりたんぽ屋周辺の観光スポット

日本三大うどんのひとつ「稲庭うどん」を食べるならここ!

無限堂 秋田駅前店

日本三大うどんのひとつ「稲庭うどん」を食べるならここ!

秋田の名産品「稲庭うどん」は、日本三大うどんのひとつ。出汁のきいた温かいつゆで食べてもよし、冷たくし…

秋田駅から徒歩5分、歴史の香り漂う都会のオアシス

千秋公園

秋田駅から徒歩5分、歴史の香り漂う都会のオアシス

平安時代からの名家、佐竹氏の居城・久保田城。石垣や天守閣を持たない平山城という特徴を生かし都市公園と…

秋田市民の台所で地元の旨い物を食べ尽くす!!

秋田市民市場

秋田市民の台所で地元の旨い物を食べ尽くす!!

日本海で獲れる海の幸、豊富な雪解け水が生み出す美味しい米や野菜、豊かな大地で育てられた比内鶏…。秋田…

何個でも食べられる!? 秋田が誇る老舗の銘菓「金萬」

金萬本舗 公営駐車場店

何個でも食べられる!? 秋田が誇る老舗の銘菓「金萬」

全国には「あの県といえばこのお菓子」というものがいくつかありますが、秋田の「金萬」もそのひとつ。卵の…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

top