植田正治写真美術館
2017.6.6更新

Ueda-cho(植田調)で世界的にも有名な写真家の作品を収蔵

植田正治写真美術館

  • 芸術・文化施設

砂丘に人物をオブジェのように配した、とても印象的な写真を撮ったことで有名な植田正治氏。出身地であり生涯を過ごした鳥取に、約12,000点の作品を収蔵した個人美術館があります。写真が素敵なのはもちろんですが、田園風景の中、大山を背景にして突如現れるモダンな建物も必見です。

鳥取砂丘に人物をオブジェのように配置した「砂丘シリーズ」は、今なお新鮮な感動が

植田正治写真美術館

 1913年、現在の鳥取県境港市に生を受けた植田正治氏は、「生涯、アマチュア写真家」を称して、鳥取を出ることがなかったのにも関わらず、フランス国立図書館が写真を所蔵するなど、世界に名を知れた写真家です。70歳を超えてから、ファッションブランドのカタログや、有名アーティストのCDジャケットの写真を撮影するなど、生涯現役で、晩年も若々しい感性で写真を撮り続けたことから、多くのファンがいます。実は私もそのひとり。是非ともその写真がずらりと並んだ光景を目にしたくて、多くの作品を収蔵する美術館に行ってみました。
 植田氏の写真が広く知られるようになったのは、弓ヶ浜や鳥取砂丘を舞台に、人物をオブジェのように配置する独特な「演出写真」が評価されたからです。最初のモデルは家族たちだったのだそうですが、プロのモデルかと思わせるほど雰囲気のある作品ばかり。現代からみても全く時間の経過を感じさせません。時にはユーモアも感じさせるような構図に感心しながら見ていると、時間の経つのも忘れてしまうほどです。
 著名な建築家・高松伸氏設計の建物の独特な雰囲気に加え、館内にある人工池に映る逆さ大山など、写真以外にも見所は満載ですので、鳥取に行った際は、ここまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

植田正治写真美術館の基本情報

住所 鳥取県伯耆町須村353-3
アクセス JR岸本駅からタクシーで約5分/JR米子駅からタクシーで約20分/大山ループバス(4月29日~11月5日の土日祝日を中心に運行)
お問い合わせ 0859-39-8000

植田正治写真美術館周辺の観光スポット

幻の城・米子城を彷彿とさせる、お菓子のテーマパーク

お菓子の壽城(ことぶきじょう)

幻の城・米子城を彷彿とさせる、お菓子のテーマパーク

米子ICを降りてすぐに見える、まるで本物のお城のような立派な建物。なんだか分かりますか?実はこれ、鳥…

周辺のスポット記事一覧へ

芸術・文化施設の他の記事を見る

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

top