浅間温泉
2016.6.13更新

城下町松本に1300年湧き続ける名湯

浅間温泉

  • 宿泊・温泉

1000年以上の長い歴史の中で絶え間なく湧き続けている浅間温泉。歴史あるそのお湯は、湯量が豊富な弱アルカリ性単純温泉です。源泉の温度が約50℃のため加水や加温が不要で、「完全掛け流し」の温泉が多く、慌ただしい日常から身も心も開放されます。国宝の松本城の城下町である松本の奥座敷として庶民に親しまれてきた、好ロケーションの温泉です。

概要と歴史

浅間温泉 浅間温泉は、信州(長野県)のほぼ中央に位置し、素晴らしい四季折々の大自然に囲まれている一方で、JR松本駅からバスで20分、松本城や城下町へも車で10分と、交通の便も良く、乗鞍高原・美ヶ原高原への登山やハイキングの拠点や、各種コンベンション・スポーツ施設もすぐ近くにあるという、絶好の温泉街です。西暦698年の飛鳥時代から温泉地とされ、江戸時代には松本城のお殿様が通い、明治時代には与謝野晶子や竹久夢二ら多くの文人に愛された温泉です。

四季折々の顔

浅間温泉 浅間温泉周辺には、松本城・薄川・弘法山など桜の名所も多く、4月上旬~GWまで、美しい桜が見られます。6月には、美ヶ原の浅間温泉側に咲くレンゲツツジの花と放牧された牛を写すカメラ愛好家が集まります。6月末~7月初めには蛍祭、8月上旬に七夕祭、10月ごろから紅葉が始まります。11月になると香り高い新ソバをいただける旅館が多く、12月には乗鞍などのスキー場がオープンします。1月にはどんどん焼き、1月~2月には初庚申が行われ新しい縁起物のダルマも販売されます。

食べて幸せ!信州の食文化

浅間温泉 信州は四季折々の食材に恵まれています。春の山菜のたらの芽、ふきのとうの他、わさびの花なども珍しい春の味覚です。夏は岩魚が美味しく、わらびやこごみの山菜も美味しくいただけます。秋は新そばとともにまつたけやきのこが有名で、冬は漬物の代表野沢菜が収穫され美味しい野沢菜漬けが登場します。信州サーモンの他、馬刺し・信州牛・安曇野豚などの信州特産の食材に恵まれていますね。浅間温泉ではそれぞれの宿の主人や料理長が、丹精込めてそば打ちに励むようで、10月~11月の新そばの時期が待ち遠しいです。

浅間温泉の基本情報

住所 長野県松本市浅間温泉1-28
アクセス JR松本駅からタクシーで15分。松本バスターミナルからバスで25分。
お問い合わせ 0263-46-1224(浅間温泉旅館協同組合)

浅間温泉周辺の観光スポット

長野県の県民フード”山賊焼き”を名店でガッツリいただこう!

卯屋(うさぎや) / 松本からあげセンター

長野県の県民フード”山賊焼き”を名店でガッツリいただこう!

松本の山賊焼きは、鶏のもも肉をにんにくが効いたタレに漬け込み、片栗粉や小麦粉をまぶして油で揚げたもの…

民芸・クラフトの町、信州松本をのんびり観光しながら楽しもう

蔵シック館

民芸・クラフトの町、信州松本をのんびり観光しながら楽しもう

長野県松本市中央の中町通りには城下町らしい「なまこ壁」の土蔵が多く並びます。蔵を利用したカフェ「中町…

漆黒の天守が有名なカラス城、国宝松本城

松本城

漆黒の天守が有名なカラス城、国宝松本城

別名「烏城(カラスじょう)」とも呼ばれる国宝松本城。戦国時代に築造されたため、鉄砲戦で有利になるよう…

松本にゆかりの芸術家の作品を数多く展示する開かれた美術館

松本市美術館

松本にゆかりの芸術家の作品を数多く展示する開かれた美術館

草間彌生さんをはじめとする、多くの有名芸術家たちの作品が展示されています。2002年、比較的新しく開…

周辺のスポット記事一覧へ

宿泊・温泉の他の記事を見る

公共交通網に直結! 出張ビジネスマンに便利な複合商業ビル

渋谷マークシティ

公共交通網に直結! 出張ビジネスマンに便利な複合商業ビル

出張時はアクセスのよさが重要ですが、その意味でも「渋谷マークシティ」は抜群の立地。京王井の頭線に直結…

県内最大級! 38のお風呂が楽しめる、温泉テーマパーク

大江戸温泉物語 浦安万華郷(うらやすまんげきょう)

県内最大級! 38のお風呂が楽しめる、温泉テーマパーク

「大正浪漫」をコンセプトに、3つのゾーン、計38のお風呂を持つ「浦安万華郷」。レストランや休憩所、リ…

女性に優しい、アジアンテイストの天然温泉

天然温泉ゆの郷 SpaNusaDua(スパヌサドゥア)

女性に優しい、アジアンテイストの天然温泉

「天然温泉ゆの郷 SpaNusaDua」は、地下1,264mから汲み上げた天然温泉に入れる温泉施設。…

日本のエンタテイメントを育てた浅草六区の代表スポット

浅草ROX

日本のエンタテイメントを育てた浅草六区の代表スポット

浅草六区は、明治時代から見世物小屋や芝居小屋が並び、昭和の中頃までは、日本を代表する歓楽街としてにぎ…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top