2018.4.23更新

満天の星空と、光輝く街並み。一度見たら忘れることのない夜景

函館山ロープウェイ・函館山展望台

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

グルメや見どころなど、函館のお楽しみは数々あるけれど、絶対に外せないスポットのひとつがここ、函館山展望台。市街地を挟んで函館湾や津軽海峡、遠方に駒ヶ岳や下北半島も望むことができます。そして、なんと言っても素晴らしいのが夜の眺め。函館のきらめく街明かりと満天の星が眼前に広がり、その幻想的な美しさは世界的にも高い評価を得ています。

ここは恋人たちの聖地。夜景の美しさには誰もが息をのむほど

函館山ロープウェイ・函館山展望台

函館山は、函館の街から津軽海峡に突き出た陸続きの島。標高334m、周囲は約9kmで、大都市に隣接していながら約600種の植物が自生し、野鳥も約150種が生息するなどとても自然豊かなエリアです。函館山の山頂に行くには2つの手段があり、ひとつはロープウェイ、もうひとつは公共交通機関を利用する方法。もちろんオススメはロープウェイの利用。約3分の空中散歩で山頂に到着します。
山頂についたら、まずは展望台に。昼間の開放的な景色も素晴らしいですが、とくにここから眺める夜景は感動もの。市街地のあたたかな光と満天の星空による美しいコントラストに誰もが息をのむことでしょう。また、市街地の真ん中には、街の灯りで「ハート」が見えるという恋人たちの伝説も。それを見つけることができたカップルは、永遠に幸せになれるそうですよ!

ここは函館で一番の観光スポットということもあり、レストランやオリジナルグッズを販売している「スーベニアショップ」など施設が充実。展望台の2Fは「レストラン ジェノバ」、3Fには「ティーラウンジ レガート」があり、景色を眺めながらお茶したり、食事が楽しめます。「レストラン ジェノバ」では、景色のいい窓際席をディナーコースで1日限定3組のみ予約が可能です。
ちなみに函館山からの眺望は、ミシュラングリーンガイドジャポン改訂第2版にて三ツ星を獲得しています。

函館山ロープウェイ・函館山展望台の基本情報

住所 北海道函館市函館山 函館山展望台
アクセス JR函館本線「函館」駅より函館市市電利用。十字街電停下車、徒歩10分
お問い合わせ 0138-23-3105(総合案内)

散策・モデルコースの他の記事を見る

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

馬車道

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

横浜市中区にある道路の通称である「馬車道」は、2004年に横浜高速鉄道みなとみらい線が開通し、「馬車…

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

イセザキ・モール

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

伊勢佐木町の1丁目2丁目にあるのがイセザキ・モール。JR関内駅から歩いて1分程度のところに入口があり…

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

福寺松原商店街

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

相鉄線「天王町」駅で下車。降りてすぐの商店街を抜けて5分ほど歩くと国道16号線。この道を渡ったところ…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

コーヒーハウス ザ・カフェ(ホテルニューグランド)

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

関東大震災で崩壊した横浜の衰退に歯止めをかけるべく建設され、ハイカラな文化を発信してきたホテルニュー…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top