500m美術館
2016.5.9更新

移動しながら芸術鑑賞! 地下コンコースに出現した美術館

500m美術館

  • 芸術・文化施設

札幌地下鉄大通駅~バスセンター前駅間地下コンコース内500mにわたって続く、駅施設内の通路に設置するギャラリーとしては日本で最長の美術館です。定期的に展示内容が変わるため、札幌にはよく訪れているという方でも毎回新たな作品に出会えます。

500m美術館とは?

500m美術館

札幌は、地下空間が地域の大切なスペースとなっています。その中で、2006年から1月限定でアート作品を展示してきたスペースを常設化し、2011年に完成した500m美術館。駅施設内の通路が展示スペースなので、もちろん観覧は無料です。市民が芸術文化に触れる機会を増やすこと、、札幌で活躍するアーティストの発表の場として、札幌市が運営しています。市民参加型の企画や国内外の有名アーティストの作品展示なども開催されます。開放時間は7:00~22:30。年中無休です。

500m美術館の楽しみ方

500m美術館

「さっぽろアートステージ」の美術部門として展示をしていた500m美術館。常設化にあたり、大通駅とバスセンター前駅に鉄のエントランスを設置しました。特殊な加工で錆仕上げした鉄のエントランスがなんともいい味です。強化ガラスで囲まれた展示空間7つと、10区画のコンポジットパネルで構成され、横に長い空間を生かした展示が展開されています。バスセンター前駅は、ショッピングモール「サッポロファクトリー」の最寄駅。札幌から一駅分、たまには、「通ること」そのものを目的にして、じっくり展示を鑑賞してみるのも良いかもしれませんね!

どんな展覧会が開催されているの?c

500m美術館

500m美術館は、2か月くらいの単位で展示の入れ替えを行っています。北海道のアーティストの発表の場としてはもちろん、道外、また国内外のアーティストの作品を展示。美術館のあり方や芸術文化全体の発信の場としても注目されています。ギャラリーツアーやアーティストのトークイベントなどが開催されることもあります。
また、2013年からは札幌500m美術館賞を創設し、全国から作品プラン、企画プランを募集し、グランプリ展も開催。アート好きの方は要チェックですよ。

500m美術館の基本情報

住所 北海道札幌市中央区大通西1~大通東2丁目
アクセス 地下鉄「大通駅」直結、地下鉄東西線「バスセンター前駅」直結
お問い合わせ 011-211-2314

500m美術館周辺の観光スポット

「旅人よ、大志を抱け!」北海道大学構内散策

北海道大学

「旅人よ、大志を抱け!」北海道大学構内散策

札幌市内に緑豊かな広いキャンパスをもつ、北海道大学。 「Boys, be ambitious! 少年…

北海道と言えば海鮮! 新鮮ピチピチの魚介類を五感で堪能せよ!

二条市場

北海道と言えば海鮮! 新鮮ピチピチの魚介類を五感で堪能せよ!

新鮮な海の幸を食べることができる北海道の市場といえば、札幌では「札幌市中央卸売市場場外市場」と「二条…

雨でも楽しめるショッピングセンター「サッポロファクトリー」

サッポロファクトリー

雨でも楽しめるショッピングセンター「サッポロファクトリー」

せっかく札幌に来たのに、天気が悪い。そんなときにおすすめなのが「サッポロファクトリー」。サッポロビー…

大通駅直結!ふらっと気軽に地下街散策

さっぽろ地下街(オーロラタウン・ポールタウン)

大通駅直結!ふらっと気軽に地下街散策

大通駅直結のさっぽろ地下街は、オーロラタウンはテレビ塔、ポールタウンはすすきのまで雨や雪に悩まされる…

周辺のスポット記事一覧へ

芸術・文化施設の他の記事を見る

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

top