カメイ美術館
2019.6.17更新

世界各国の蝶や絵画、こけしなどのコレクションを展示

カメイ美術館

  • 芸術・文化施設

仙台市の総合商社カメイ株式会社の創業90周年を記念して設立された「カメイ美術館」。カメイ社会教育振興財団前理事長・亀井文蔵氏らが個人的に収集したコレクションの一部が展示されています。

個人所有の貴重な展示品は必見

カメイ美術館

財団設立者のコレクションである蝶、こけし、絵画などの芸術品が展示してあります。開館当時はカメイ記念展示館という名称でしたが、2011年にカメイ美術館へと変わりました。どれもこれも個人の趣味で集めたとは思えない質と量に驚きます。東北の伝統工芸品であるこけしには地域的色合いを強く感じられます。こけし絵つけ体験など、見るだけではなく参加型のイベントもあります。絵画や美術品展示も充実しており、仙台の文化的拠点ともいえそうです。

展示物の中でも蝶のコレクションはレアな標本も

カメイ美術館

16万もの中から1万4千頭が展示されている、文蔵氏の蝶のコレクションは圧巻です。蝶の翅(はね)だけで描かれた「宇宙賛歌」の幻想的な雰囲気に思わずひきこまれてしまいそう。昆虫好きではなくとも一度は見ておきたい芸術品です。また、日本だけのものと思っていたこけしですが、こけしがルーツとなったといわれている民芸品が世界に存在することも意外な発見。過去の期間展示ではロシアのマトリョーシカやメキシコのこけしなどもあったようです。浅井忠、藤田嗣治など、日本画家の巨匠の絵画の常設展は入れ替えもあるようなので、何度でも足を運びたくなりますね。

世界各国から集められた、珍しい蝶の展示

カメイ美術館

特筆すべきは、数え切れないほどある希少な蝶の標本が並ぶ展示室。世界希少な蝶がその美しい翅を広げています。オウゴンテングアゲハはベトナムなどの生息地に行ってもなかなか出会えないそうです。個体数自体が少ないアロッティトリバネアゲハなども見ることができます。世界最大のアレキサンダートリバネアゲハは翅だけで20cmほどと大人が手を広げたほど。そして世界で3頭しかない標本メスのアロッティトリバネアゲを所蔵しているのは日本でもここだけです。いずれも実物の色あいを見ることができる、またとない機会です。

カメイ美術館の基本情報

住所 宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23
アクセス JR仙台駅西口から徒歩10分、市営地下鉄五橋駅北4出口から徒歩3分
お問い合わせ 022-264-6543
公式サイト http://www.kameimuseum.or.jp/
料金 一般300円 / 65歳以上高校生以下無料
営業時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)※休館日 毎週月曜日(祝日は閉館)・年末年始(12月28日~1月4日)

カメイ美術館周辺の観光スポット

スープからトッピングまで海老づくしを味わうラーメン

えびそば えび助

スープからトッピングまで海老づくしを味わうラーメン

ラーメンのだしといえば、鶏や豚の動物系、昆布やいりこなど魚介系が主流です。登場した途端にそのテイスト…

いざ仙台、歴史の旅へ! 子どもも大人も興奮の仙台市博物館

仙台市博物館

いざ仙台、歴史の旅へ! 子どもも大人も興奮の仙台市博物館

主に仙台地方の歴史と美術を紹介している「仙台市博物館」。仙台伊達家伝来の資料も数多く展示されており、…

伊達政宗に会いにゆく。 「瑞鳳殿」

瑞鳳殿

伊達政宗に会いにゆく。 「瑞鳳殿」

日本の歴史に詳しくない人でも一度は名前を聞いたことがある武将・伊達政宗。彼は、伊達氏17代目当主であ…

仙台名物と言えばコレ!! ほっぺもとろける牛たん通り

牛たん通り

仙台名物と言えばコレ!! ほっぺもとろける牛たん通り

みなさん、仙台名物と言えば何を思い浮かべますか?「牛たん」を思い浮かべてよだれが出ている方も多いはず…

周辺のスポット記事一覧へ

芸術・文化施設の他の記事を見る

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

top