スパイスカフェフンザ
2016.5.18更新

大統領お墨付きの本格インド料理を召し上がれ

スパイスカフェフンザ

  • グルメ

葛西はインド出身の方が多い街。一説によると、近くを流れる荒川がガンジス川の流れに似ているからなのだとか。とにかく、インドの人がたくさん集まるわけですから、必然的にインド料理店も集まります。数あるインド料理店のなかでも、一流の味が食べられると評判の店に出かけてみましょう。

インドの5ツ星ホテルで腕を磨いたシェフの料理を堪能

スパイスカフェフンザ

料理長のバーバルシェフは、インドの5ツ星ホテル・オベロイカルカッタで調理していたという華やかな経歴を持っています。その後、日本にやって来て10年以上とのことで、今では日本語も達者です。
壁には店名の由来でオーナーの出身地、フンザ地方の大きな写真が貼ってあるほかは、装飾も少なくシンプルな店構えです。
ちなみに、食材はすべてイスラム法で食べることを許されたハラル食材を使っていて、お店の入り口にもしっかりとハラルマークが掲げられています。

わざわざ遠方から食べに来る人もいる名物のチキンビリヤニ

スパイスカフェフンザ

名物料理のチキンビリヤニは、高級インド米バスマティラス米を使用した超本格派。濃厚なチキンカレーで蒸したインド版ピラフの中に大きなチキンが埋まっています。添えられている豆カレーとヨーグルトのソースで味に変化を加えると、何度も違った味を楽しむことができます。ヨーグルトから手づくりするという濃厚なラッシーがぴったり。
ほかにも、バターチキンとサーグチキンのカレーなど、濃厚でスパイシーなカレーメニューも充実。ぜひ、焼き立てでもっちもちの食感のプレーンナンと合わせて注文したいところです。

カレーに欠かせないナンはタンドール釜でじっくり焼く

スパイスカフェフンザ

ナンを担当するのはアサドシェフ。窓ガラス越しに、その作業風景を逐一見ることができます。ふっくらとしたナンのおいしさの秘密は、卵・牛乳・はちみつをたっぷり使って毎朝手ごねする生地。炭焼きのタンドール釜で焼くので、とても手間ひまがかかっています。
ちなみにこの店のチーズナン(702円)は、とあるテレビ番組で某アイドルタレントが大絶賛したところ、たちまち評判となり、全国各地からナンを求めて客が押し寄せる事態となったそうです。

スパイスカフェフンザの基本情報

住所 東京都江戸川区中葛西3-29-1 スワロービル1F
アクセス 東京メトロ東西線「葛西」駅西口より徒歩3分
お問い合わせ 03-3680-7865

スパイスカフェフンザ周辺の観光スポット

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

宝城院

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

かつて寺町として栄えた旧・行徳街道沿いの寺院。本堂内には、「おびんずる様」と呼ばれる「なで仏」があり…

その佇まいに歴史の流れを感じる市内最古の民家

旧宇田川家住宅(浦安市指定有形文化財)

その佇まいに歴史の流れを感じる市内最古の民家

明治2年(1869年)に建てられた民家は、建築年代がわかるものでは浦安市内最古の建造物。その佇まいだ…

米づくりから焼きまで妥協のないこだわりのせんべい

浅田せんべい本舗

米づくりから焼きまで妥協のないこだわりのせんべい

庶民のお菓子と侮ることなかれ。煎餅は奥が深いのです。この店の煎餅は素材の米からして厳選したものを使用…

知りたいこと、聞きたいこと。無料でここまで学べる

浦安市郷土博物館

知りたいこと、聞きたいこと。無料でここまで学べる

かつて漁師町として栄えた浦安の歴史を保存をするために2001年4月に開館した郷土博物館。「すべてに開…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

top