元祖めんたい煮こみつけ麺
2016.5.18更新

つけ麺+明太子の新たな博多グルメを池袋でいただく!

元祖めんたい煮こみつけ麺

  • グルメ

博多名物の明太子がつけ麺のスープに!? 料亭のような落ち着きのある空間で食べるつけ麺は、素材にもこだわったちょっと贅沢な一品。麺を食べた後は、残ったつけだれまでおいしく味わえる工夫もある。いままで食べたことのない、新たなつけ麺に出会う!

明太子のつぶつぶ感を残した旨味スープが麺に絡む

元祖めんたい煮こみつけ麺 福岡県初の明太子料理専門店「元祖博多めんたい重」が手掛ける店。博多土産として有名な明太子を、なんとつけ麺のつけだれに投入! 「めんたい煮こみつけ麺」は、博多以外ではここでしか味わえない。
つけだれは椎茸や10種類以上の野菜からとったスープに、カキやホタテなど旨味成分がしみ込んだ最高品質の自家製明太子を入れて煮込んだもの。麺の量によって価格が異なり、100g、200g、300gは1,280円、400gは1,560円。一口味わえば、上品でいてしっかりとしたコクが感じられる。
麺とスープののったお盆は、縦に置くのがこの店流。そうすることで麺をスープに運ぶ動きに無駄がないのだとか。

つけ麺の〆はご飯ととろとろのプリン

元祖めんたい煮こみつけ麺 つけ麺をいただいた後の〆は、割り下を加えてスープを飲むのもいいが、「ごはん」をスープに入れるのがおすすめ。コシヒカリ100%の国産米をスープに絡めて、余すところなく味わい尽くそう。
デザートの「飲めるほどのとろけるプリン」は、名前のとおり、とろとろの柔らかプリン。ほろ苦いカラメルとカラメルジュレのWソースが、ほどよい甘さを演出している。
ラーメンの価格としてはかなりお高めだが、たまのご褒美として贅沢に楽しみたい。

元祖めんたい煮こみつけ麺の基本情報

住所 東京都豊島区南池袋1-21-5 第7野萩ビル2階
アクセス JR各線、東京メトロ各線、西武線、東武線「池袋」駅東口より徒歩1分
お問い合わせ 03-3984-3330

元祖めんたい煮こみつけ麺周辺の観光スポット

ビルに囲まれ、いまも花と線香が絶えない平将門の首塚

将門塚

ビルに囲まれ、いまも花と線香が絶えない平将門の首塚

皇居にもほど近い東京・大手町駅のすぐそばに、平安時代の武将・平将門の首を祀る「将門塚」があります。周…

東京の真ん中に広がる、緑いっぱいのオアシスへ

皇居・江戸城

東京の真ん中に広がる、緑いっぱいのオアシスへ

東京観光の定番となっている皇居ですが、意外と「行ったことがない」人も多いのでは? 出かけてみると、大…

国内トップクラスの所蔵品が並ぶ美術館でアート三昧の1日

東京国立近代美術館

国内トップクラスの所蔵品が並ぶ美術館でアート三昧の1日

皇居に隣接する北の丸公園は、広々とした芝生の広場が美しい都会のオアシス。日本武道館や科学技術館、東京…

ウワサの街を地図片手にブラブラ散策

谷中・根津・千駄木

ウワサの街を地図片手にブラブラ散策

谷中・根津・千駄木を指す通称“谷根千”エリアは、下町情緒があふれる地域として注目の観光スポットのひと…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

top