天王洲 銀河劇場
2019.4.17更新

演劇・ミュージカル・ダンス! 肌で感じるライブの迫力

天王洲 銀河劇場

  • エンタメ

天王洲アイル、シーフォートスクエア内にあり、1992年に「アートスフィア」として開業。2006年10月からは「銀河劇場」としてリニューアルオープンしました。演劇はもちろん、ミュージカルや音楽、ダンスなど、ジャンルを問わずに上演しているのが特徴です。舞台と客席が近いので、迫力あるステージが楽しめる劇場として人気があります。

目の前の迫力に、時間が過ぎるのもあっという間

天王洲 銀河劇場 馬蹄形の外観が目を引く劇場は、客席数746席の三層構造。舞台と客席の距離が最大でも20mしかなく、演劇もミュージカルも音楽も、どれも迫力満点で楽しめるのがこの劇場の人気の秘密です。
2階、3階にはボックス席もあり、デートに利用するのならばこの席がおすすめです。劇場内にはカフェ・バーSTRA DE ROUGE(ストラ ド ルージュ)があり、開演前や休憩中には飲み物や軽食を提供。上演作品とコラボしたオリジナルカクテルなども登場するので、要チェックですよ。

会員登録し、先行発売でチケットをゲット!

天王洲 銀河劇場 話題の作品は、全国からファンが集まるのでチケット入手も大変です。そのためには一般販売よりも前に予約ができる先行予約を利用しましょう。
オンラインチケットサービスを利用するためには、会員登録が必要ですが、うれしいのは会員登録に登録料や年会費はかからないこと。演劇好きなら会員にならない手はありませんね。
メールマガジンに登録しておけば、最新の公演・チケット情報もいち早くゲットできるので、こちらも忘れずに登録しておきましょう。天王洲 銀河劇場では平日の夜間も公演が行われているので、仕事が終わってからも観に行けますね。

天王洲 銀河劇場の基本情報

住所 東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階
アクセス 東京モノレール「天王洲アイル」駅直結。りんかい線「天王洲アイル」駅A出口より徒歩3分
お問い合わせ 03-5769-0011
公式サイト https://www.gingeki.jp/

天王洲 銀河劇場周辺の観光スポット

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

BAR RESTAURANT BAN×KARA ZONE-R

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

洒落たイタリアンバルレストラと思いきや、誰かが歌ってる?!  実はここ、「生バンド」で「カラオケ」、…

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

エンターテイメントレストラン「六本木金魚」

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

歌舞伎を鑑賞しながら、幕間には幕の内弁当に舌つづみ。江戸時代から続く、そんな庶民の娯楽を現代風のエン…

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

BrewDog Roppongi

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

「BrewDog」は、2007年にスコットランドで誕生したクラフトビールのブルワリー。またたく間に世…

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

Zeppブルーシアター六本木

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

本格的なライブ・エンタテインメントを見るというならココ。 900席もあるのに、キャストの息づかいまで…

周辺のスポット記事一覧へ

エンタメの他の記事を見る

CG映像だけで迫力のステージを演出するユニークシアター

DMM VR THEATER

CG映像だけで迫力のステージを演出するユニークシアター

2015年9月、横浜駅西口に最新CG技術を生かし、CG映像のみの公演を行うユニークシアターと評判の「…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

横浜大世界

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

中華街・天長門正面ある「横浜大世界」は、アート・グルメ・くつろぎ・ショッピングのすべてが楽しめる、横…

おもちゃマニアといえば誰もが知っている、北原照久コレクション

横浜ブリキのおもちゃ博物館

おもちゃマニアといえば誰もが知っている、北原照久コレクション

テレビ番組『なんでも鑑定団』の出演者として知られる北原照久氏のコレクション3,000点! 1890年…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top