稲庭うどん 七蔵
2016.5.5更新

1,000円以内で舌もお腹も大満足! OLもランチに殺到する旨安うどん店

稲庭うどん 七蔵

  • グルメ

新橋駅前ビルの「稲庭うどん 七蔵」の前は、昼休みに行列の絶えることがありません。日本三大うどんのひとつといわれる稲庭うどんを提供する、都内ではめずらしい専門店です。ランチタイムはうどんをメインに、夜はうどんに加えお肉や海鮮、野菜を使用した七蔵特製の創作料理が楽しめます。

こだわりの稲庭うどんを食す

稲庭うどん 七蔵 ラーメンのつけ麺はもはや常識ですが、この店はこだわりの麺をこだわりのつけだれで食べる「つけ麺うどん」。麺は店主が本場の秋田県稲庭町の製造者に原料と製法を指定。中力粉100%と、長崎五島灘産の食塩、栗駒山麓の地下100mから湧き上がる伏流水を使い、手綯手延製法で4日間かけてつくり上げたもの。茹で上がりが早くてのびにくく、滑らかなのどごしながら、しっかりとしたコシの強さも兼ね備えます。
カツオ節、セロリ、鴨肉などをベースにしたつけだれは、ペースト状にした鴨肉とゴマペーストを加え、醤油、みりんなどで味を整えた完全自家製。深いコクのあるつけだれと、のどごしのいい麺がよく絡み合う絶品です。

昼はうどんを、夜は創作料理を召し上がれ

稲庭うどん 七蔵 ランチタイムには、うどんの量を大・中・小から選べる“七蔵特製スープつけ麺”と、“つけ麺とミニ丼ぶり”のセットが用意されています。そして、夜になると“和牛ローストビーフ”や“刺身の盛り合わせ”、うにやいくらを使用した“七蔵特製テリーヌ”といったさまざまな創作料理を提供。なんとコース料理まで用意されているのが、ちょっとほかのうどん店とは違うところ。
そんな夜の料理の実力を知るために、まずは「うどんは味わいはどうかな?」とお昼に出掛けてみると、お店の前は食券を買うためにズラリと行列! ランチタイムは 時間を少しずらして訪れるほうがいいかもしれません。

稲庭うどん 七蔵の基本情報

住所 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2F
アクセス JR各線「新橋」駅汐留口より徒歩1分
東京メトロ銀座線「新橋」駅 2番出口より徒歩1分
都営浅草線「新橋」駅A2出口より徒歩1分
お問い合わせ 03-3571-5012

稲庭うどん 七蔵周辺の観光スポット

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

BAR RESTAURANT BAN×KARA ZONE-R

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

洒落たイタリアンバルレストラと思いきや、誰かが歌ってる?!  実はここ、「生バンド」で「カラオケ」、…

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

エンターテイメントレストラン「六本木金魚」

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

歌舞伎を鑑賞しながら、幕間には幕の内弁当に舌つづみ。江戸時代から続く、そんな庶民の娯楽を現代風のエン…

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

BrewDog Roppongi

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

「BrewDog」は、2007年にスコットランドで誕生したクラフトビールのブルワリー。またたく間に世…

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

Zeppブルーシアター六本木

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

本格的なライブ・エンタテインメントを見るというならココ。 900席もあるのに、キャストの息づかいまで…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

top