米どころん銀座3丁目店
2016.5.4更新

お釜で炊いた極上ご飯が主役の定食屋!

米どころん銀座3丁目店

  • グルメ

独自開発したかまどで炊きあげた、極上ご飯が主役の定食屋さんがこの「米どころん」。美味しさを追求した、まさに“かまど炊き製法”で米そのものの味を引き出したご飯の粒はツヤツヤとしておいしそう。また、野菜など素材にもこだわり、管理栄養士監修のレシピを基本とした、ローカロリーでバランスのいい定食を提供し続けています。

お米にこだわったカフェ感覚の定食屋さん

米どころん銀座3丁目店 ご飯の美味しさをとことん追求し、かまど炊きご飯を提供してくれるのが、定食屋さんの「米どころん」。かまど炊きが美味しいのは、強い火力でムラなく一気に炊き上げることでお米の細胞を壊すことなく、一粒一粒にうま味が詰まった、粘りのあるご飯に仕上がるから。
「米どころん」では、加熱時間わずか10分で100℃に達する構造のかまどを独自に開発。電子釜ではなし得ない、ガスの強い火力を利用するからこそできるご飯の美味しさはもちろん、香ばしいおこげが味わえるのも、かまど炊きならでは。店内は木材を基調にした優しい雰囲気で、女性が一人でも入りやすいカフェのような空間になっています。

環境にも配慮したこだわり素材をたっぷり

米どころん銀座3丁目店 米は、冬はたっぷりの雪に覆われ、夏はあふれんばかりの陽光が降り注ぐ自然豊かな新潟で育まれたもの。炊きあがった瞬間の美しさから“キラキラ・コシヒカリ”と命名されました。農薬も地域基準の半分以下に抑えています。
野菜は新潟で採れた季節のものをふんだんに使用し、野菜本来の味を生かすために、味付けはできる限りシンプル、そしてやさしい味わいに仕上げています。
また、「米どころん」では、自社のお弁当工場やスーパーマーケットで出てくる残渣をリサイクルして肥料に加工。米や野菜を栽培する循環型農業にも取組み、美味しく安心、さらには環境にも配慮。そうしたこだわりの食材によるメニューを堪能できます。

米どころん銀座3丁目店の基本情報

住所 東京都中央区銀座3-11-16 Saliceビルディング1F
アクセス 東京メトロ日比谷線、都営浅草線「東銀座」駅より徒歩3分
お問い合わせ 03-3545-8055

米どころん銀座3丁目店周辺の観光スポット

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

BAR RESTAURANT BAN×KARA ZONE-R

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

洒落たイタリアンバルレストラと思いきや、誰かが歌ってる?!  実はここ、「生バンド」で「カラオケ」、…

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

エンターテイメントレストラン「六本木金魚」

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

歌舞伎を鑑賞しながら、幕間には幕の内弁当に舌つづみ。江戸時代から続く、そんな庶民の娯楽を現代風のエン…

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

BrewDog Roppongi

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

「BrewDog」は、2007年にスコットランドで誕生したクラフトビールのブルワリー。またたく間に世…

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

Zeppブルーシアター六本木

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

本格的なライブ・エンタテインメントを見るというならココ。 900席もあるのに、キャストの息づかいまで…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

top