クイーンズウェイ アトレ目黒
2016.5.8更新

駅ビルの中にある本格英国式リフレクソロジー

クイーンズウェイ アトレ目黒

  • 美容・健康

常連客には著名なアスリートや俳優さん、タレントやモデルさんもいるという、リフレクソロジーサロンの「クイーンズウェイ」。都内にいくつかある店舗のなかでも「クイーンズウェイ アトレ目黒」は、駅ビル内にあるという立地のよさから、時間に追われるビジネスマンやOLさんも数多く足を運んでいます。

プライベート感重視の癒しの空間

クイーンズウェイ アトレ目黒 JR目黒駅の改札を出てすぐ。駅ビル「アトレ目黒2」の2階にある店内に一歩足を踏み入れると、心地よいヒーリングミュージックが静かに流れ、アロマのいい香りに包まれ、たちまちリラックスモード。ちょっと薄暗く、やさしい光の照明も心地のよい癒しの空間を演出しています。
施術スペースは、席と席の間にパーティションが置かれ、プライベート感を重視したつくり。まわりの人に気を遣わずに、リラックスして施術を受けることができます。

“イタ気持ちイイ”刺激でリフレッシュ

クイーンズウェイ アトレ目黒 クイーンズウェイが独自に開発したという「本格英国式リフレクソロジー」は、「ちょっと痛いけど、気持ちいいから止めないで!」という、日本人に合わせた“イタ気持ちイイ”刺激が特徴。やみつきになりそうな気持ちよさは、誰もが施術を受けながらいつのまにか眠ってしまうほど。ちょっとした空き時間や、移動の途中などにリフレッシュしたい場合には、パウダーを使って足裏を刺激するクイックコースの「プチ・リフレ」がおすすめ。靴下を脱ぐだけで、ベッドに横になる必要もないので、忙しいビジネスマンはもちろん、女性もメイクや髪型の乱れを気にせずに気軽に利用することができます。目覚めたときには「ウ〜ン気分爽快、リフレッシュ!」。

クイーンズウェイ アトレ目黒の基本情報

住所 東京都品川区上大崎3-1-1 アトレ目黒2 2F
アクセス JR山手線、東急目蒲線、東京メトロ南北線、都営三田線「目黒」駅より徒歩1分
お問い合わせ 03-5740-7227

クイーンズウェイ アトレ目黒周辺の観光スポット

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

BAR RESTAURANT BAN×KARA ZONE-R

専属バンドで熱唱! ニューコンセプトカラオケイタリアン

洒落たイタリアンバルレストラと思いきや、誰かが歌ってる?!  実はここ、「生バンド」で「カラオケ」、…

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

エンターテイメントレストラン「六本木金魚」

コンセプトは「NEO歌舞伎」性別を越えたエンターテインメント

歌舞伎を鑑賞しながら、幕間には幕の内弁当に舌つづみ。江戸時代から続く、そんな庶民の娯楽を現代風のエン…

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

BrewDog Roppongi

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

「BrewDog」は、2007年にスコットランドで誕生したクラフトビールのブルワリー。またたく間に世…

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

Zeppブルーシアター六本木

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

本格的なライブ・エンタテインメントを見るというならココ。 900席もあるのに、キャストの息づかいまで…

周辺のスポット記事一覧へ

美容・健康の他の記事を見る

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

横浜大世界

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

中華街・天長門正面ある「横浜大世界」は、アート・グルメ・くつろぎ・ショッピングのすべてが楽しめる、横…

手ぶらでスパへ。6種類の岩盤浴が魅力の、鶴見のリラックス施設

RAKU SPA鶴見

手ぶらでスパへ。6種類の岩盤浴が魅力の、鶴見のリラックス施設

全国的に展開しているスーパー銭湯「極楽湯」の新ブランドと聞けば、思わず期待! 横浜市鶴見区の「RAK…

女性の美を輝かせてくれる! 中華街の隠れ家的カフェ

楊貴妃Cafe Chinois

女性の美を輝かせてくれる! 中華街の隠れ家的カフェ

グルメスポット・中華街にあって、女性の美と健康をテーマにしたメニューを提供してくれるのがここ。スタイ…

駅直結のスパ&サウナで、思い立ったらリフレッシュ!

スカイスパYOKOHAMA

駅直結のスパ&サウナで、思い立ったらリフレッシュ!

街のホコリと汗で、疲労感に包まれているビジネスマンのみなさん! 横浜駅からアクセス抜群のスパ&サウナ…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top