みそかつ 矢場とん
2016.5.23更新

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

みそかつ 矢場とん

  • 定番

  • グルメ

昭和20年代初頭、屋台で何気なく串かつを“どて煮”(もつの味噌煮込み)のタレに浸して食べた人がいました。思わず「こりゃ、うみゃ〜!」。周りの客も試して「ナルホドいける」と共感。カツを味噌のタレに浸す発想は「矢場とん」初代店主、鈴木義夫氏のこの体験が原点でした。普通「みそかつ」は濃厚な味噌だれですが、「矢場とん」の「みそかつ」は、初代が串かつを“どて煮”に浸した、サラリとした食感がポイントです。

秘伝のみそだれのレシピは代々のシェフ口伝。鹿児島産生黒豚を使うみそカツは1週間に14頭分のみ

みそかつ 矢場とん

東海エリアは特に、濃厚な“赤みそ”食文化圏なので、定食屋も和食店もとんかつのあるところなら、ほとんど「みそかつ」がメニューに載っています。
ただ、それはウスターソースの代わりに、濃厚なみそだれをかけるだけというのがよくあるパターン。「とんかつ」も「みそ」も本来くどいものなので、そのままでは味が濃くなり過ぎてしまうなんてことも。
そんな普通の「みそカツ」と「矢場とんのみそカツ」は、明らかに違います。
素材も、衣も、油も、揚げ方も、みそのたれの秘伝のブレンドも、すべてを「みそ味のとんかつ」のためにバランスを工夫しているのです。そのひたむきな姿勢が、「矢場とんのみそかつ」を名古屋名物にまで引き上げたと言っても過言ではないでしょう。
秘伝のみそだれのレシピは門外不出。1年半熟成させた天然醸造の豆味噌を使用し、日々使う分だけ限られた職人の手により丁寧に仕込まれます。なかでも、鹿児島産生黒豚を使うみそカツは、1週間に14頭分しか入荷しないので、矢場町本店ほか一部の店のみの限定販売。
名古屋を訪れたならこの「矢場とんのみそカツ」で、名古屋みそ文化の神髄をぜひ味わってみてください。

みそかつ 矢場とんの基本情報

住所 愛知県名古屋市中区大須3‐6‐18
アクセス 市営地下鉄名城線「矢場町」駅4番出口より徒歩5分
市営地下鉄鶴舞線「上前津」駅9番出口より徒歩5分
お問い合わせ 052‐252-8810

みそかつ 矢場とん周辺の観光スポット

和菓子屋ならではの小倉トーストはあんこたっぷり!

なみこし茶屋

和菓子屋ならではの小倉トーストはあんこたっぷり!

創業は昭和2年(1927)という、名古屋の老舗和菓子店「浪越軒」。その自慢のあんこを使ったスイーツを…

巫女さんが出迎えてくれる癒やし空間

やすらぎBAR 月天

巫女さんが出迎えてくれる癒やし空間

ビルの階段を上ると、そこは異空間。「やすらぎBAR 月天」は、巫女さんが温かいおもてなしを提供してく…

GO TO HELL! 囚人になって監獄パーティーを楽しもう

監獄居酒屋 監獄IN食41房

GO TO HELL! 囚人になって監獄パーティーを楽しもう

「監獄居酒屋 監獄IN食41房」は、おどろおどろしい監獄の世界をイメージしたコンセプト居酒屋。薄暗い…

赤字覚悟のフルーツ満載モーニング

トップフルーツ八百文

赤字覚悟のフルーツ満載モーニング

名古屋名物の「喫茶店のモーニング」は、ナゴヤ観光の目玉のひとつ。しかし、名古屋市瑞穂区のフルーツショ…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

定番の他の記事を見る

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治…

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

山下公園

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

大さん橋入口から山下埠頭まで約700mの海岸に面し、横浜の顔として全国的に有名な公園ですが、実は、1…

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

横浜マリンタワー

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

エレベーターに乗って一気に30階の展望フロアへ! 地上94mから眺める横浜港の青い海、外人墓地、横浜…

サンマーメンを語るならココ!

玉泉亭

サンマーメンを語るならココ!

「玉泉亭」はイセザキ・モールの奥を少し入ったところにある中華料理店。100年の歴史を誇り“サンマーメ…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top