横浜アリーナ
2016.6.6更新

憧れのアーティストに出会うなら、神奈川県内最大ホールで

横浜アリーナ

  • 芸術・文化施設

横浜市政100周年の記念行事の一環で建築され、松任谷由実コンサートで幕を開けた横浜アリーナ。地上5階建て、天井高20m、そして1万7000人を収容できる大型ホールとして、1年を通じて国内外の有名アーティストのコンサートやイベントが開かれています。アリーナ1階にはカフェやショップがあり、横浜アリーナオリジナルのキャラクターグッズなども販売されています。

イベントに応じて、座席移動

横浜アリーナ 中央を囲むように、座席はセンター席、アリーナ席、ボックス席、スタンド席、立見スペースの5種類に分かれています。可動観客システム「ランダシステム」が採用され、メインアリーナの形状はコンピュータによって、自在にコントロール。企画・演出に合わせて、ステージの位置や観客席を自由な発想でつくり上げています。
メインアリーナの床下に収納された可動観客ユニットを昇降することで、フラットな床面、客席、ステージがセッティング可能となり、コンサートなどではアーティストが見やすいと来場者の人々に喜ばれています。

音楽家が選ぶ優良ホールに選出

横浜アリーナ 壁の無数の穴は、音を吸音するためのもの。椅子、座席、扉にも音を吸引する素材を使い、反響を少なくすることで、クリアな音が聞けるようになっています。
さらに、天井は音を吸収するだけでなく、反射することもでき、音の届き方を調整します。このホールは、音のよさから「音楽家が選ぶ優良ホール100選」にも選出されました。ホールのイベントスケジュールの中に、お気に入りのアーティストの出演がプログラムされているかどうかチェックしておくといいですね。
さらに音楽やダンスのリハーサルスタジオに使用する「スタジオミュジュック横浜アリーナ店」や、コンサートや演劇会場となる「新横浜NEW SIDE BEACH!!」も併設され、ここは幅広い用途にマルチに対応しています。

横浜アリーナの基本情報

住所 神奈川県横浜市港北区新横浜3-10
アクセス 横浜市営地下鉄「新横浜」駅より徒歩4分
JR各線「新横浜」駅より徒歩5分
お問い合わせ 045-474-4000

横浜アリーナ周辺の観光スポット

スケートをオールシーズン楽しもう!

新横浜スケートセンター

スケートをオールシーズン楽しもう!

新横浜スケートセンターは、国内では珍しい国際規格を満たしたスケート場。30m×60mの大きなリンクで…

新横浜駅ビル10階、フレンチスタイルの広々オープンカフェへ

BRASSERIE LA CLASSE(ブラッスリー ラ クラス)新横浜店

新横浜駅ビル10階、フレンチスタイルの広々オープンカフェへ

新横浜駅の上に位置するキュービックプラザ10階という、ビル内にも関わらずオープンエアな上質気分に浸る…

昭和初期創業。洋食の名店のデミグラスソースは、深〜い味わい

洋食キムラ 新横浜駅店

昭和初期創業。洋食の名店のデミグラスソースは、深〜い味わい

横浜を代表する洋食のひとつ、それは「洋食キムラ」のデミグラスソースハンバーグ。昭和13年に創業以来、…

新横浜ラーメン博物館のそばに由緒正しき中華そば専門の銘店あり

中国拉麺揚州商人 新横浜店

新横浜ラーメン博物館のそばに由緒正しき中華そば専門の銘店あり

横浜といえば誰しもが想い描くのが中華街。そしてきらびやかな中国装飾と中華料理の銘店の数々。しかし、新…

周辺のスポット記事一覧へ

芸術・文化施設の他の記事を見る

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top