マリンワールド海の中道
2016.5.24更新

大人でも楽しい九州最大の水族館には、驚きがいっぱい

マリンワールド海の中道

  • 定番

  • 体験・アミューズメント

映像や音響機器、水中カメラなどを駆使した館内は、まるで水中のアミューズメントパーク。深さ7mの「パノラマ大水槽」の前に立つと、海中にいるような気分が味わえる。実際に海の動物たちと触れ合えるコーナーや、博多湾をバックにイルカたちが繰り広げるダイナミックなショーも必見。

デートスポットとして定番の水族館。深海の神秘と可愛い海の生き物の方に虜になってしまうかも

マリンワールド海の中道

「マリンワールド海の中道」へは、ベイサイドプレイス(博多埠頭)やマリゾン(ももち)からUMINAKA ラインの高速船で行くこともできる。博多湾の景色を楽しんだ先にあるのは、映像や音響機器、水中カメラなどを駆使し、約450種・約3万点の海洋生物の世界を体験できる九州最大の水族館だ。「対馬暖流」をテーマに、五感に訴える驚きの展示が待っている。
ロマンチックなトンネル水槽のゲートからシースルーエレベーターに乗り込み、海の中へ向かう。そこには、イワシの群や体長3mを越えるサメ・シロワニが悠々と泳ぐ幅24m、深さ7mの「パノラマ大水槽」が圧巻。水槽の中の餌付けショーや、ダイバーが水中カメラで撮影した迫力の映像を大型スクリーンで上映するアクアライブショーも毎日開催されている。
もうひとつの見どころは、全天候型の「マリンシアター」で繰り広げられる、イルカのハイジャンプや輪くぐり、可愛いアシカの芸などのショー。青く輝く博多湾をバックに建てられたシアターは、約1,500人を収容できるビックサイズで、1日3〜6回のショーが開催されている。来館時には、ショーの時間や各シーズンのイベントも要チェックだ。
コビレゴンドウ、バイカルアザラシ、スナメリ、ラッコなどの海獣たちと触れ合うことができる「かいじゅうアイランド」では、大人も子どもと一緒になって大はしゃぎ。大興奮必至の施設なのだ。

マリンワールド海の中道の基本情報

住所 福岡県福岡市東区西戸崎18−28
アクセス JR香椎線「海ノ中道」駅
お問い合わせ 092-603-0400

マリンワールド海の中道周辺の観光スポット

1日ではとても回りきれない! 花いっぱいの海浜公園

海の中道海浜公園

1日ではとても回りきれない! 花いっぱいの海浜公園

293.5万㎡という広大な敷地を誇る国営公園。四季折々の草花が咲き誇り、年中来園者を楽しませてくれま…

周辺のスポット記事一覧へ

体験・アミューズメントの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

マニアにはたまらない、鉄道模型がズラリ

原鉄道模型博物館

マニアにはたまらない、鉄道模型がズラリ

世界的に著名な鉄道模型製作・収集家だった故・原信太郎氏。原氏の世界一ともいわれる鉄道模型と、鉄道関係…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

横浜大世界

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

中華街・天長門正面ある「横浜大世界」は、アート・グルメ・くつろぎ・ショッピングのすべてが楽しめる、横…

定番の他の記事を見る

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治…

サンマーメンを語るならココ!

玉泉亭

サンマーメンを語るならココ!

「玉泉亭」はイセザキ・モールの奥を少し入ったところにある中華料理店。100年の歴史を誇り“サンマーメ…

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

山下公園

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

大さん橋入口から山下埠頭まで約700mの海岸に面し、横浜の顔として全国的に有名な公園ですが、実は、1…

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

横浜マリンタワー

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

エレベーターに乗って一気に30階の展望フロアへ! 地上94mから眺める横浜港の青い海、外人墓地、横浜…

top