マヌコーヒー 大名店
2016.5.24更新

居心地のいい空間でゆったり味わう自家焙煎のスペシャルティコーヒー

マヌコーヒー 大名店

  • グルメ

天神西通りの突端、アップルストアがあるT字路を国体通り沿いに警固方面へ歩いた右手2つ目のビルの奥。ここを何度も通ったことがある人でも気を付けて歩いていないとうっかり見落としてしまいそうな、隠れ家としては実に魅力的なロケーションに「マヌコーヒー 大名店」はあります。福岡市内に4店舗を展開、おいしい自家焙煎のコーヒーが種類豊富に揃うとして、地元の若者を中心に愛されているコーヒー専門店です。

コーヒー豆は繊細。味にブレがないか、スタッフが毎日テイスティングして提供

マヌコーヒー 大名店 「マヌコーヒー」では、ブラジル、コスタリカ、ニカラグアといった世界的なコーヒー豆の産地まで焙煎担当者自らが足を運び、生豆を買い付けています。
自家焙煎工場で焙煎された香り豊かな豆は注文を受けてから挽き、1杯ずつ丁寧に淹れるのがポリシー。コーヒー豆はとてもデリケートなので、温度や湿度といった気候の影響を受けて味にブレが出ないように、複数のスタッフが毎日テイスティングして念入りにチェックしてからゲストに提供しています。
また、チーズケーキやクッキー、スコーンなどのスイーツも、材料を厳選し、焙煎工場で一から手づくりしています。

フレンチプレスで淹れ、ペーパーで濾した午前限定のグッドタイムコーヒーは200円

マヌコーヒー 大名店 コーヒーだけで20種以上。さまざまなラテアートが描かれた写真入りのメニューを見ているだけでも楽しい気分になります。
ブラックコーヒーでは、フレンチプレスが一番人気。コーヒーの油分までしっかり抽出できるため、豆本来の風味が味わえるのだそうです。
8時から12時までの時間限定で提供しているグッドタイムコーヒーは、朝にふさわしいあっさりテイストに仕上げるために、フレンチプレスをさらにペーパーで濾(こ)すという手間のかかったもの。
カフェラテとカプチーノは、基本的にお客さんのテーブルでスタッフがラテアートを描いてくれるので、見てみたい人はぜひオーダーしてみてください。

思い思いに自分の空間を楽しむ。これが、マヌコーヒー大名店での過ごし方

マヌコーヒー 大名店 アーティスト作品が飾られた店内は天井が高く解放感あるつくり。
本を読む人、ノートパソコンを開く人、打合せをする人、友だちとおしゃべりする人、みな思い思いに自分の空間をつくってゆったりと過ごしています。
常連客が多いとのことですが、スタッフに声をかければWi-Fiのパスワードも教えてくれ、電源も使わせてもらえます。出張時にホテルをチェックアウトして時間をもてあましたときや、観光に疲れたときなどツーリストでも役立ちそう。
店内で味わえるコーヒーの豆は、入口カウンターでオリジナル雑貨とともに販売しています。福岡発のローカルショップなので、甘い物やお菓子が苦手な人に、気の利いた博多土産になるかもしれません。

マヌコーヒー 大名店の基本情報

住所 福岡県福岡市中央区大名1-1-3 石井ビル1F
アクセス 西鉄天神大牟田線「西鉄福岡(天神)」駅より徒歩3分
地下鉄空港線「天神」駅より徒歩5分
お問い合わせ 092-732-0737

マヌコーヒー 大名店周辺の観光スポット

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多百年蔵

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多に残る唯一の“現役の酒蔵”として、今なお昔ながらの酒造りを続ける「博多百年蔵」。昔の趣を残す白壁…

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

子どもたちに大人気のアンパンマンに会える、参加・体験型ミュージアム。ガラス屋根で覆われた開放的な屋内…

厳選した自然素材のみに由来する味と技を極めた老舗和菓子店

鈴懸 本店

厳選した自然素材のみに由来する味と技を極めた老舗和菓子店

地下鉄中洲川端駅から徒歩1分の地に本店を構える「鈴懸」は、創業90余年。市内5店舗と東京、名古屋にも…

男も女もニューハーフも! 想像を超えるエンターテインメントショー

劇団あんみつ姫

男も女もニューハーフも! 想像を超えるエンターテインメントショー

福岡で30年以上にわたって愛されている「劇団あんみつ姫」。年間約1,000回を超える公演数は日本一。…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top