PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング)
2016.5.23更新

ひとりでもゆっくり過ごせるアジアンダイニング

PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング)

  • グルメ

マンションが立ち並ぶ新浦安駅周辺。駅からちょっと離れると、どこかヨーロッパの町並みを思わせます。繁華街らしい場所は見当たらず、飲食店は住宅街の中に点在。いずれもこだわりの料理を提供する、隠れ家的なお店です。その中に、パリ(インドネシア)料理を中心にしたアジアンエスニックフードが味わえる「PJ Bar&Ethnic Dining」があります。

海岸にほど近いアジアンエスニックのお店

PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング) 新浦安駅の周辺は、新しく開発されたエリアということもあって、昔ながらの飲食店はほとんど見当たりません。食事をするなら大型商業施設やホテルの中という感じになりますが、少し歩いてみれば、魅力的なお店も見つかります。
駅から海の方へ向かい、イトーヨーカ堂や「トイザらス」などがある交差点を右へ。結婚式場「新浦安アートグレイスウエディングコースト」の斜め向かいにある「パークシティグランデ新浦安トレードポート」には、人気の飲食店がいろいろ集結。そのひとつ、「PJ Bar&Ethnic Dining」は、このエリアでは珍しい、アジアンエスニックのお店。2階にある店内からは、新浦安の街並みが見渡せます。

異国情緒を味わえるバリテイスト満載の店内

PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング) ウッディな雰囲気でまとめられた店内は、まるでアジアンリゾート。テーブル席のほか、天蓋のついた座敷席、一人でゆっくり飲めるバーカウンターと、好みの席が選べます。一人でも、グループでも、静かに飲みたいときも、ワイワイ賑やかにディナーを楽しみたいときも利用できるお店ですね!
夏の夜はテラス席がオススメ。ライトに照らされた結婚式場が、異国情緒をさらにかきたててくれます。
席数は十分すぎるほどですが、結婚式場の近くとあって、披露宴の二次会会場に使われることもしばしば。駅から歩いてきて貸切・入店不可では泣くに泣けないので、事前に電話で確認しておいたほうがいいでしょう。

本格アジアンエスニックが味わえるランチ&ディナー

PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング) 代表的なバリ料理「サテ(串焼き)」「ミーゴレン(バリ風焼きそば)」、それにタイ風のグリーンカレー(写真)や春巻きなど、メニューにはさまざまなアジアンエスニック料理がずらり。人気メニューは「サテ」「グリーンカレー」「春巻き」なんだとか。お酒のメニューも豊富で、「ビンタン」「タイガー」「シンハー」「333(バーバーバー)」といった、アジアンビアが揃っています。
ランチメニューは1,000〜1,500円、ディナーは前菜・スープ・メインで3,000円が目安。いずれもリーズナブルな料金で美味しい料理が味わえるとともに、店内のアジアンな雰囲気から日常を離れた気分になれるのがいいですね。

PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング)の基本情報

住所 千葉県浦安市明海6-1-10 パークシティグランデ新浦安トレードポート 2F
アクセス JR京葉線「新浦安」駅南口ローターリーを出て右へ。「イトーヨーカ堂南」信号を右折し、2つ目の信号を左折。次の信号手前の左側。駅から徒歩30分(2km)
お問い合わせ 047-381-7171

PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング)周辺の観光スポット

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

宝城院

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

かつて寺町として栄えた旧・行徳街道沿いの寺院。本堂内には、「おびんずる様」と呼ばれる「なで仏」があり…

その佇まいに歴史の流れを感じる市内最古の民家

旧宇田川家住宅(浦安市指定有形文化財)

その佇まいに歴史の流れを感じる市内最古の民家

明治2年(1869年)に建てられた民家は、建築年代がわかるものでは浦安市内最古の建造物。その佇まいだ…

米づくりから焼きまで妥協のないこだわりのせんべい

浅田せんべい本舗

米づくりから焼きまで妥協のないこだわりのせんべい

庶民のお菓子と侮ることなかれ。煎餅は奥が深いのです。この店の煎餅は素材の米からして厳選したものを使用…

知りたいこと、聞きたいこと。無料でここまで学べる

浦安市郷土博物館

知りたいこと、聞きたいこと。無料でここまで学べる

かつて漁師町として栄えた浦安の歴史を保存をするために2001年4月に開館した郷土博物館。「すべてに開…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top