中洲ぜんざい
2018.11.8更新

博多っ子に昔から愛され、つぶあんの優しい甘さ感じる名物ぜんざい

中洲ぜんざい

  • グルメ

中洲の川端商店街のほど近くにある、昔ながらの甘味処「中洲ぜんざい」。軽く焼いたお餅と優しい甘さが、どこか懐かしい味を感じさせてくれる老舗です。ちょっと休憩で甘味をいただくには最適なお店ですよ。

中洲川端商店街のほど近くに佇むこじんまりとした老舗

中洲ぜんざい

創業は約70年前。中洲市場で生まれた後、今の上川端に移転してきたそうです。現在は、三代目の横道千枝さんが切り盛りしていて、昔ながらの味を守り続けています。お店の一番人気は「ぜんざい」(500円)。北海道十勝産の大納言を使ったつぶあんの、優しい甘さがクセになる逸品です。年中人気のぜんざいは、先代である横道さんの父親が毎日炊いているといいます。煮崩れせずあずきの粒感をしっかり感じるのは、創業から変わらない独自の製法だからこそ。佐賀県産のもち米で作るお餅と一緒に食べれば、焼き餅の香ばしさに大納言の風味が寄り添い、まさに口福。特に冬場は、体も心もほっこりとした優しさに包まれますよ。
また、ぜんざいに自家製の白玉が乗った「冷やしぜんざい」や、期間限定(10〜5月)の「アイスクリームぜんざい」など、冷たいメニューもラインアップ。特に「アイスクリーム抹茶ぜんざい」は、注文を受けてから立てる宇治抹茶のほろ苦さもプラスした、おすすめのメニューです。ちなみに夏には、あんこや宇治抹茶を使ったかき氷も登場。ラムネ(通年)と一緒に涼を求める人も多いそうです。四季を通じて様々な味を堪能できるのもこちらならでは楽しみ方なんです。
また、横道さん曰く「福岡の方はつぶあん好きな方が多いんですよ」というように、ぜんざいを食べる人がほとんどだそうですが、こしあんを使った「しるこ」(500円)もあるのも安心。何人かで食べる場合は、違うメニューをみんなでシェアしてみるのもいいかもしれません。思わず「ただいま」と言いたくなるような心落ち着いた店内で、昔から博多っ子に愛される味をじっくりといただきましょう。

中洲ぜんざいの基本情報

住所 福岡県福岡市博多区上川端町3-15
アクセス 地下鉄空港線「中洲川端」駅より徒歩6分
お問い合わせ 092-291-6350

中洲ぜんざい周辺の観光スポット

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多百年蔵

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多に残る唯一の“現役の酒蔵”として、今なお昔ながらの酒造りを続ける「博多百年蔵」。昔の趣を残す白壁…

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

子どもたちに大人気のアンパンマンに会える、参加・体験型ミュージアム。ガラス屋根で覆われた開放的な屋内…

厳選した自然素材のみに由来する味と技を極めた老舗和菓子店

鈴懸 本店

厳選した自然素材のみに由来する味と技を極めた老舗和菓子店

地下鉄中洲川端駅から徒歩1分の地に本店を構える「鈴懸」は、創業90余年。市内5店舗と東京、名古屋にも…

男も女もニューハーフも! 想像を超えるエンターテインメントショー

劇団あんみつ姫

男も女もニューハーフも! 想像を超えるエンターテインメントショー

福岡で30年以上にわたって愛されている「劇団あんみつ姫」。年間約1,000回を超える公演数は日本一。…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

top