諏訪市原田泰治美術館
2019.8.1更新

原田泰治のナイーブアートで心癒される美術館

諏訪市原田泰治美術館

  • 芸術・文化施設

諏訪市出身の画家・グラフィックデザイナー、原田泰治氏のアートを発信する拠点として1998年に開館した美術館です。氏の描く絵画はナイーブアートと呼ばれ、どれも郷愁を感じさせる心温まるもの。館内はバリアフリーで体の不自由な人にやさしく、子どもや車いすでも見やすい配慮がなされています。名誉館長は原田氏と親交のあるシンガーソングライターのさだまさし氏。

人それぞれにいろんな思い出がよみがえるような、心温まる絵画の数々

諏訪市原田泰治美術館 原田泰治さんは長野県諏訪市で生まれ、現在の飯田市で育ちました。幼いときに小児麻痺にかかり、歩行困難になってしまったものの、画家をめざして美大を卒業。日本の風景を繊細なタッチで描くナイーブアート(素朴画)の画風を確立し、多くの人々に感動を与えています。こうした原田泰治さんの世界観を発信する拠点が「諏訪市原田泰治美術館」です。
展示されているのは1982年から2年半にわたって朝日新聞日曜版のフロントページに「原田泰治の世界」として連載された作品や、“ふるさと”をテーマに全国を取材して描いてきたもの。緻密なタッチの作品群は日本の原風景を感じさせ、郷愁やなつかしさを覚えると同時に心も癒されます。
同館はまた、“人に優しい美術館をめざそう”をテーマに掲げており、館内はもちろん駐車場からのアクセスなどもバリアフリー。展示作品は低い位置に設置され、子どもや車いすに乗る人の目の高さでも見やすくなっています。また、点字などによる立体アートも用意されています。
静寂な館内はのんびりと落ち着いた雰囲気。2階は諏訪湖が一望できるティールームになっていて、お茶を飲みながら作品を鑑賞した後の余韻も楽しめます。

諏訪市原田泰治美術館の基本情報

住所 長野県諏訪市渋崎1792-375
アクセス 〈車〉中央自動車道「諏訪」ICより約10分(5km)
〈電車〉JR中央線「上諏訪」駅より徒歩30分、タクシー・バスにて10分(2km)
お問い合わせ 0266-54-1881
公式サイト http://www.taizi-artmuseum.jp/
料金 午前9時~午後5時(入館は閉館30分前まで)
営業時間 大人820円 / 中高生410円 / 小学生200円 / 障がい者(大人)410円

諏訪市原田泰治美術館周辺の観光スポット

諏訪大社すぐ近くに鎮座する石仏。愛嬌ある風貌が人気のパワースポット

万治の石仏

諏訪大社すぐ近くに鎮座する石仏。愛嬌ある風貌が人気のパワースポット

諏訪大社下社春宮から徒歩で約5分。鬱蒼とした林の中、広場の中心に石仏が鎮座! 江戸時代の万治3年(1…

歴史ロマンあふれる長野県最大の湖。周辺にはお楽しみも満載

諏訪湖

歴史ロマンあふれる長野県最大の湖。周辺にはお楽しみも満載

長野県のほぼ中央に位置する諏訪湖は、周囲約16kmの信州最大の湖。海抜759mの高地にあり、周囲には…

国内では貴重な間欠泉の見学ができる施設

諏訪湖間欠泉センター

国内では貴重な間欠泉の見学ができる施設

諏訪湖周辺は豊富なお湯が湧出する温泉地。かつて温泉を取り出すために掘削していると、熱水が激しく噴出。…

眼下に諏訪湖と諏訪市を一望できる展望スポット

立石公園

眼下に諏訪湖と諏訪市を一望できる展望スポット

諏訪市の中心部から、霧ヶ峰方面に向かうつづら折りの道を少し上がった高台に位置する公園。眼下に諏訪湖を…

周辺のスポット記事一覧へ

芸術・文化施設の他の記事を見る

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

top