八戸酒類
2017.7.7更新

南部杜氏の伝統を汲む、地元に愛される八戸の酒

八戸酒類

  • 定番

日本酒ブームが来ていると言われるようになってからずいぶんたちます。近頃では積極的に蔵見学をさせてくれる蔵元も増え、日本酒好きなら、旅の立ち寄りスポットに是非とも加えたい選択肢のひとつです。というわけで、八戸に行ったら是非訪れていただきたい八戸酒類をご紹介しましょう。

南部流儀の伝統技法と五感で醸す手造りの「八戸のうまし酒」が生まれる現場

八戸酒類

 八戸酒類の創業は天明6年(1786年)。太平洋側に位置する八戸は、北東北の中でも比較的降雪量が少なく晴天が多いため、酒造りには適した環境なのだそうです。その環境を活かし、伝統的な南部杜氏の技法を受け継ぎ、約230年酒造りを守ってきました。一口に230年と言うのは簡単ですが、実際に蔵を守っていくのは並大抵のことではなかったはずです。
 地下100mからくみ上げた自然水は、ミネラルが豊富で発酵力が旺盛な軟水。これを仕込み水に使用し、原料となる米は津軽や南部の良質な酒造好適米。機械化大量生産を行っていないので、主に地元八戸で流通されており、全国どこでも飲めるというわけではありません。しかし、だからこそ地元で長く愛されるお酒として信頼が置けると言えるのではないでしょうか?
 そんな南部流儀の伝統技法と五感で醸す手造りの「八戸のうまし酒」が生まれる環境を見たい人は、是非蔵見学を申し込んでみてください(完全予約制。3日前までに予約を)。年間を通じて蔵見学は行われますが、特に冬の酒造期(12月~3月)がオススメです。

八戸酒類の基本情報

住所 青森県八戸市八日町1番地
アクセス JR東北新幹線八戸駅よりタクシーで20分、JR八戸線、本八戸駅より徒歩10分/バス 市営バス三日町バス停下車 徒歩5分
お問い合わせ 0178‐43‐0010

八戸酒類周辺の観光スポット

八戸地域の情報と食文化の発信地

しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋

八戸地域の情報と食文化の発信地

旅に出ると、活字中毒の私としては、地方紙を読むのも楽しみのひとつです。どこの町でどんなイベントが開催…

周辺のスポット記事一覧へ

定番の他の記事を見る

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

横浜マリンタワー

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

エレベーターに乗って一気に30階の展望フロアへ! 地上94mから眺める横浜港の青い海、外人墓地、横浜…

サンマーメンを語るならココ!

玉泉亭

サンマーメンを語るならココ!

「玉泉亭」はイセザキ・モールの奥を少し入ったところにある中華料理店。100年の歴史を誇り“サンマーメ…

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

山下公園

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

大さん橋入口から山下埠頭まで約700mの海岸に面し、横浜の顔として全国的に有名な公園ですが、実は、1…

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治…

top