しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋
2017.7.7更新

八戸地域の情報と食文化の発信地

しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋

  • 芸術・文化施設

  • グルメ

旅に出ると、活字中毒の私としては、地方紙を読むのも楽しみのひとつです。どこの町でどんなイベントが開催されたとか、季節の話題などローカルな情報に触れられるのは、旅の醍醐味と言えるでしょう。そこで興味を持ったのが、この「しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋」。まさに私のような人間のためのカフェをご紹介します。

地方紙を片手に、八戸の郷土料理やさまざまなカフェメニューを楽しめます

しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋

 八戸都市圏の地方紙「デーリー東北」を発行するデーリー東北新聞社が本社敷地内に開設したのが「しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋」。大きな窓からたっぷり注ぐ光のなか、フィット感の良いチェアやソファーが並んでいて、ゆっくりと寛ぐことができます。備え付けられているのは、全国各地の地方紙15紙。コーヒーや軽食を片手に、全国紙からは見えてこない、日本の地方のさまざまな姿を知ることができます。
 カフェの店舗を運営しているのは、同じ八戸市の「日本の味 俵屋」。全国ご当地どんぶり選手権で同店の「八戸前沖銀鯖トロ漬け丼」がグランプリを獲得するほどの実力派。「寿司・和食コーナー」では、本格的な寿司や、せんべい汁やいちご煮などの郷土料理が味わえます。また、カフェコーナーの目玉はナポリピッツァ。本格的なピザ釜で焼かれるピッツァは、生地がパリパリ、モチモチ。田子にんにくなど地元の食材を活かした絶品メニューが味わえます。このように「しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋」では、地方の情報と共に、食文化の発信も手がけていくそうなので、八戸を知りたいなら是非訪れてみてください。

しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋の基本情報

住所 青森県八戸市城下1丁目3-18
アクセス JR八戸線本八戸駅より徒歩3分/バス:デーリー東北新聞社前バス停より徒歩1分
お問い合わせ 0178‐51‐6767

しんぶんカフェ デーリー東北ホール×俵屋周辺の観光スポット

南部杜氏の伝統を汲む、地元に愛される八戸の酒

八戸酒類

南部杜氏の伝統を汲む、地元に愛される八戸の酒

日本酒ブームが来ていると言われるようになってからずいぶんたちます。近頃では積極的に蔵見学をさせてくれ…

周辺のスポット記事一覧へ

芸術・文化施設の他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

グルメの他の記事を見る

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

top