いと重菓舗 本店
2017.6.5更新

井伊家ゆかりの老舗和菓子店による抹茶が香る銘菓

いと重菓舗 本店

  • グルメ

滋賀県は城下町として栄えた街だからでしょうか、全国的に有名な歴史ある和菓子ブランドがいくつもあります。その中で、今回ご紹介したいのが、創業200余年の「いと重菓舗」です。あの井伊直弼を輩出した、井伊家御用達の伝統の技が生み出す上品で繊細な和菓子はお土産にも最適です。

上品で優しい甘さがくせになる、彦根銘菓「埋れ木」

いと重菓舗 本店

 徳川幕府大老として日米修好通商条約に調印するなど日本の近代化に大きな影響を与えた井伊直弼は、近江彦根藩の第13代藩主でもありました。今回、私がおすすめするのは、その井伊直弼が青年時代を過ごした屋敷で直弼が命名した「埋木舎(うもれぎのや)」の名を冠したお菓子、「埋れ木」です。
 手芒豆から作った白餡を求肥で包み、抹茶を加えた和三盆糖をまぶした「埋れ木」は1809年創業の老舗和菓子店「いと重菓舗」の代表的なお菓子。食べた瞬間、ほろりと口の中でほどけ、抹茶の香りがほのかに香ったあとに、白あんの優しい甘さが広がります。
 「いと重菓舗」は、初代が作った菓子を茶道に通じていた直弼が自分の懐刀に与えたという記録が残っていたり直弼が自ら彫った柳の文様の木型で砂糖菓子を作っていたり(「柳のしずく」という名前で販売中)と、何かと井伊家とのゆかりが深い老舗店。その長い歴史の中で、時には砂糖不足で菓子作りの中断を余儀なくされたこともあったそうですが、食材にこだわり続け、今なお彦根の人々に愛され続けているのだとか。
 「埋れ木」もそんな歴史の重みを感じさせる、奥深い味わいが魅力です。シンプルなお菓子だからこそ、素材の良さと職人の技術が生きる、彦根銘菓を是非お試しください。

いと重菓舗 本店の基本情報

住所 滋賀県彦根市本町1-3-37
アクセス 彦根駅から徒歩17分、彦根城よりすぐ
お問い合わせ フリーダイヤル:0120-21-6003

いと重菓舗 本店周辺の観光スポット

あの“ひこにゃん”に会える、国宝彦根城!!

彦根城

あの“ひこにゃん”に会える、国宝彦根城!!

日本全国にお城はたくさんありますが、天守が国宝に指定されているのはたったの5つだけ。その中のひとつ彦…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

top