五稜郭
2017.5.18更新

函館のシンボル、星形の城郭で歴史に思いをはせる

五稜郭

  • 公園・名所・史跡

 函館の有名観光スポットと言えば五稜郭。約1.8kmにも及ぶ堀の外周は散策路になっていて、4月下旬からは、本州より少し遅い桜が見頃を迎え、12月にはお堀をイルミネーションが飾るなど、市民に親しまれる憩いの場。しかし、歴史を遡れば起源は江戸末期のペリー来航。諸外国の脅威を食い止めるために幕府が作った要塞です。そんな歴史の深さにも思いを巡らせつつ、一巡りしてみたいと思います。

四季折々に美しい公園隣接の五稜郭タワーで函館を一望

五稜郭

 五稜郭を訪れたら、まずは公園に隣接する五稜郭タワーに行ってみましょう。展望台からは、五稜郭の大きさや、特徴的な星形の城郭を一望することができます。また、展望2階にある「五稜郭歴史回廊」では、ジオラマやグラフィックパネルで五稜郭の歴史を知ることができるので、是非ここもチェックしておきたいもの。今、立っているところに、連綿と続いてきた歴史の跡を感じることができるでしょう。ちなみに函館は、新撰組で有名な土方歳三の最期の地でもあります。タワーには土方のブロンズ像もあるので興味のある方は見つけてみてください。
 また、歴史好きなら「箱館奉行所」も必須の立ち寄りスポット。江戸幕府が設置した奉行所ですが、わずか7年で役目を終えて消滅したものを、平成22年に発掘調査や文献を元に復元されました(庁舎の1/3の範囲)。内部は見学もできるので、内装などから当時の雰囲気を感じてみるのもいいでしょう。
 五稜郭では四季を通じて、さまざまなイベントも企画されています。訪れる際には是非そのあたりもチェックを。

五稜郭の基本情報

住所 北海道函館市五稜郭町44
アクセス JR函館駅から市電で約17分。バスで「五稜郭」下車、徒歩で約15分。もしくは「五稜郭公園入口」下車、徒歩約7分
お問い合わせ 函館市元町観光案内所 0138-27-3333

五稜郭周辺の観光スポット

函館の味覚の見本市。早朝からの活気にテンションアップ!

函館朝市

函館の味覚の見本市。早朝からの活気にテンションアップ!

美味しいものを食べるのが大好きな人なら、朝市と聞いただけでお腹が鳴りそう…。しかも、海産物の宝庫・函…

函館ベイサイドで感じる、新しくも伝統ある異国情緒

金森赤レンガ倉庫

函館ベイサイドで感じる、新しくも伝統ある異国情緒

日本各地にある赤レンガ倉庫。中には、倉庫としての役目を終えて、現在は商業施設として運営されているもの…

塩で食べるジンギスカンの新形態。さっぱりといただけます!

北海道塩ジンギスカン 名前はまだ無い。

塩で食べるジンギスカンの新形態。さっぱりといただけます!

ジンギスカンと言えば、醤油ベースのたれが一般的です。でも、塩で食べるジンギスカンのお店があると聞いて…

全国的に名をとどろかせるご当地ハンバーガーがこれ!

ラッキーピエロ 函館駅前店

全国的に名をとどろかせるご当地ハンバーガーがこれ!

たびたび「グランプリ」や「ランキング」などが発表され、各店舗、料理人がしのぎを削っている食べ物といっ…

周辺のスポット記事一覧へ

公園・名所・史跡の他の記事を見る

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

コーヒーハウス ザ・カフェ(ホテルニューグランド)

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

関東大震災で崩壊した横浜の衰退に歯止めをかけるべく建設され、ハイカラな文化を発信してきたホテルニュー…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

top