喜八洲總本舗
2016.6.29更新

昭和23年創業の老舗。香ばしくて絶品のたれでいただく「みたらし団子」が人気

喜八洲總本舗

  • グルメ

十三に本店がある、大阪では有名な人気和菓子店。昭和23年(1948)の創業以来、「最高の材料を使い、手頃なお値段で手づくりの味を甘党のお客様に!」をモットーに、名物の酒饅頭をはじめ、人気のみたらし団子など、40種類以上の和菓子を取り揃えています。全商品を本社の工場で製造し、現在は12店舗を展開中。JR新大阪駅や大阪国際空港(伊丹空港)、京阪神の有名百貨店にも支店があります。

店頭実演販売「みたらし団子」は円筒形でたっぷりのたれが絡む

喜八洲總本舗

「喜八洲(きやす)」という屋号は、創業時に「菓子業により八洲(日本中)の皆様に、大いに喜んでいただこう」という意味で付けられたといいます。「みたらし団子」「酒饅頭」「ジャンボサイズのきんつば」「花ぼた餅」「焼き餅」などをはじめ、「力士最中」「初霜」「栗饅頭」「三笠」など、贈答用の和菓子も揃っています。
なかでも見逃せないのが「みたらし団子」。餅粉と米粉を絶妙なバランスで配合して蒸し上げた団子を、注文を受けてから強い直火で炙ります。店頭実演販売ですが、表面に香ばしく焦げ目が付いたら、オリジナルのたれの中をくぐらせます。
たれは北海道産の上質昆布でダシを取り、香川県産のたまり醤油と白ざら糖を使った独自の特別仕立て。
また、団子が円筒状になっているのは、炙ったときに焦げ目がつきやすく、たれの絡みをよくするためなのだそう。確かに焦げ目の香ばしさとともに、あまからのたれの旨さが口の中いっぱいに広がって、思わず顔がほころんでしまいます。生ものなので賞味期限は1日。名物の「酒饅頭」も酒麹が醸し出す香りが楽しめ、独特の味が人気です。

喜八洲總本舗の基本情報

住所 大阪府大阪市淀川区十三本町1-4-2
アクセス 阪急神戸線・宝塚線・京都線「十三」駅西改札口よりすぐ
お問い合わせ 06-6301-0001

喜八洲總本舗周辺の観光スポット

今も変わらぬうどんが主役の大阪の味。“うどんすき”発祥がここ

美々卯 本店

今も変わらぬうどんが主役の大阪の味。“うどんすき”発祥がここ

落ち着いた雰囲気の店内で自家製粉・自家製麺のうどん・そばを味わえる老舗。毎朝2時間かけて引いた出汁と…

絶品地鶏をオシャレな創作料理&焼き鳥で堪能

KEMURI

絶品地鶏をオシャレな創作料理&焼き鳥で堪能

全国各地から厳選する地鶏を使った焼き鳥と創作料理の店。オーナーは元々地鶏の卸をしていて、その目利きで…

造幣局構内の博物館。造幣や貨幣の歴史に親しもう

造幣博物館

造幣局構内の博物館。造幣や貨幣の歴史に親しもう

造幣博物館は、もともと火力発電所として建てられた建造物。造幣局構内に残っている、唯一の明治時代のレン…

駅とまちをつなぐ、大阪の新しい玄関口

大阪ステーションシティ

駅とまちをつなぐ、大阪の新しい玄関口

JR大阪駅直結の大型複合施設。食事や、買い物、運動、映画、宿泊と盛りだくさんで、1日では回りきれない…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

top