石村萬盛堂 須崎本店
2016.6.23更新

日本のホワイトデーはここから始まった!

石村萬盛堂 須崎本店

  • グルメ

口に入れるととろけるマシュマロに、口溶けのよい黄味あんが包まれた銘菓「鶴乃子」で知られる老舗。この鶴乃子の販売キャペーンとして誕生したのが、3月14日のホワイトデーです。空港や駅、デパートなどさまざまな場所で購入できますが、せっかくなら風情あふれる本店へ。博多祇園山笠の追い山の廻り止め(決勝点)に建っています。

昔ながらの味と製法にこだわる博多の銘菓。「献上鶴乃子」は皇室御用達の極上品

石村萬盛堂 須崎本店 江戸時代、「食べる宝石」「白い黄金」とも呼ばれた砂糖は、長崎から小倉を結ぶ長崎街道を通じて、全国に広がっていったといわれています。長崎街道沿いであった博多は、砂糖も手に入りやすかったため、当時から数多くの銘菓が生まれました。
まずポルトガルで「フィオス・デ・オヴォス(卵の糸)」と呼ばれていた菓子が日本に伝わり、鶏卵素麺という名前で日本でも売られるようになりました。これは卵の黄身だけを使ってつくるため、大量に余る卵白を有効活用できないかと開発されたのが「鶴乃子」です。
ふわふわでやわらかなマシュマロ生地と、風味よい黄味あんが口の中でとろけるまろやかなお菓子は、どの世代にもやさしい味わいで、手みやげとしても人気。「人の真似をせず独創的な菓子づくりをする」という創業者の想いが、鶴乃子にも、手のひらになじむ卵形の箱にも込められています。特に大切な方には、「献上鶴乃子」をセレクトしたいもの。熟練の職人が一つひとつ丹誠込めてつくり上げ、皇室・宮家にも献上されている上菓子です。
本店は、福岡を代表する夏の祭り「博多祇園山笠」の廻り止め(終着点)があることでも知られています。風情ある博多の街に溶け込む、これまた風情に富んだお店の佇まい。散策途中に立ち寄ってみてはいかがでしょう?

石村萬盛堂 須崎本店の基本情報

住所 福岡県福岡市博多区須崎町2-1
アクセス 市営地下鉄箱崎線・空港線「中洲川端」駅6・7番出入口より徒歩5分
お問い合わせ 092-291-1592

石村萬盛堂 須崎本店周辺の観光スポット

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多百年蔵

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多に残る唯一の“現役の酒蔵”として、今なお昔ながらの酒造りを続ける「博多百年蔵」。昔の趣を残す白壁…

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

子どもたちに大人気のアンパンマンに会える、参加・体験型ミュージアム。ガラス屋根で覆われた開放的な屋内…

厳選した自然素材のみに由来する味と技を極めた老舗和菓子店

鈴懸 本店

厳選した自然素材のみに由来する味と技を極めた老舗和菓子店

地下鉄中洲川端駅から徒歩1分の地に本店を構える「鈴懸」は、創業90余年。市内5店舗と東京、名古屋にも…

男も女もニューハーフも! 想像を超えるエンターテインメントショー

劇団あんみつ姫

男も女もニューハーフも! 想像を超えるエンターテインメントショー

福岡で30年以上にわたって愛されている「劇団あんみつ姫」。年間約1,000回を超える公演数は日本一。…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

top