柿の葉すし本舗たなか(なら本店)
2016.6.20更新

奈良散策の合間に名物の「柿の葉すし」いかが?

柿の葉すし本舗たなか(なら本店)

  • グルメ

近鉄奈良駅を出てすぐのところに「柿の葉すし本舗たなか」の「なら本店」があります。柿の葉すしはもちろん、同店オリジナルのおすしや和スイーツが味わえる「柿の葉茶屋」を併設しています。創業は明治後期に遡りますが、柿の葉すしは今も昔も変わらぬ姿で愛され続けています。奈良散策の合間に立ち寄ってはいかがでしょうか?

柿の葉で包んだ一口サイズ、すし飯と鯖の絶妙なバランス

柿の葉すし本舗たなか(なら本店) 本店のある奈良県五條市は金剛山の麓。かつて山里の人々には、川を使って船で運ばれる海産物や塩は貴重で、薄く切った塩鯖をにぎり飯に添え、裏山の柿の葉で包んで重石をきかせた「柿の葉すし」は夏祭りのご馳走だったそうです。
奈良五條の風土が生んだ郷土料理で、鯖を塩や酢で「しめる」、重石をきかせて一晩「押す」ことで味をなじませ、柿の葉で「包んで」香りを移すなど、食の保存の知恵や調理技術が随所に活用されています。一つずつ柿の葉で包まれているので、取り分けしやすく、箸や皿を使わず手軽に食べられる一口サイズになっています。何といっても、すし飯と鯖の絶妙なバランスが絶品です!
また、寒い季節などは、オーブントースターか焼き網で柿の葉ごと5~6分炙るのが「たなかのおすすめ」とか。これ、裏メニューです。お試しあれ。

柿の葉すし本舗たなか(なら本店)の基本情報

住所 奈良県奈良市東向中町5-2
アクセス 近鉄奈良線「近鉄奈良」駅2番出入り口より徒歩1分
お問い合わせ 0742-81-3651

柿の葉すし本舗たなか(なら本店)周辺の観光スポット

広大な芝生の敷地に1,200頭もの鹿が悠然とお散歩

奈良公園

広大な芝生の敷地に1,200頭もの鹿が悠然とお散歩

660ヘクタールもの広大な敷地の奈良公園。世界遺産の東大寺、興福寺、春日大社、奈良国立博物館、正倉院…

そびえたつ五重塔、阿修羅像なども公開。やはり一度は見ておきたい国宝の数々

興福寺

そびえたつ五重塔、阿修羅像なども公開。やはり一度は見ておきたい国宝の数々

奈良公園の入り口近くにあって、五重塔がシンボリックな「興福寺」。境内には阿修羅像をはじめ45もの国宝…

黒板塀の家並みが続き、いにしえへとタイムトリップ

ならまち

黒板塀の家並みが続き、いにしえへとタイムトリップ

江戸時代末期から明治にかけての町家の風情を感じさせる、黒板塀の家並みが特徴的な「ならまち」。町名では…

世界最大級のスケールに圧倒される「世界遺産」

東大寺大仏殿

世界最大級のスケールに圧倒される「世界遺産」

東大寺大仏殿は、正式には東大寺金堂といいますが、「大仏殿」の名で広く知られています。世界最大級の木造…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top