亀屋良長
2016.6.20更新

京菓子の名門で目にも麗しい和の粋を味わう

亀屋良長

  • グルメ

京菓子の名門と謳われ、江戸にまでその名を知られた菓子司「亀屋良安」。そこからのれん分けする形で享和3年(1803)に創業した京菓子司である亀屋良長は、現在8代目が切り盛りする老舗です。特に創業以来の銘菓である「烏羽玉」は、200年以上の歳月を経て今なお昔のままの姿で店頭に並ぶ伝統あるお菓子。数々の世を経て愛される味はお土産にも最適ではないでしょうか。

良質な地下水でつくる伝統的な和菓子の豊かな色彩にうっとり

亀屋良長 老舗和菓子司である亀屋良長の味を支えるのは、社屋内に掘られた「醒ヶ井」と名付けられた井戸水。
和菓子づくりに欠かせない水にとことんこだわることで初代から守り抜いた味を現代に継承し、今なお創業時から伝わる菓子や四季折々の美しさを投影した和菓子をつくり続けています。
店頭には焼き菓子から生菓子、千菓子をはじめ、お煎餅までの多彩な商品が並びますが、そのどれもが味わってよし、眺めてよしの美しい作品ばかり。
なかには、口に入れてしまうのがもったいないほどの可憐な造形の和菓子もあり、昔から京都らしいお使い物としても愛されています。
最近では、伝統の技法を生かしつつ、和洋の枠にとらわれない自由な発想のお菓子をプロデュースしていることでも知られています。ここでしか味わえない和洋折衷の新しいおいしさに出会えるのも、京都という地の大きな魅力ですね。

亀屋良長の基本情報

住所 京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
アクセス 阪急京都線「大宮」駅より徒歩5分
お問い合わせ 075-221-2005

亀屋良長周辺の観光スポット

七味や一味、山椒にオリジナルの激辛薬味で人気のお店

おちゃのこさいさい

七味や一味、山椒にオリジナルの激辛薬味で人気のお店

激辛の七味やラー油などで知られている、七味とうがらしの専門店です。世界一の辛さとも言われる七味は一度…

祇園のお茶屋の佇まいを今に残す甘味処

甘味どころ ぎをん小森

祇園のお茶屋の佇まいを今に残す甘味処

祇園らしさあふれる町屋の情緒たっぷりの甘味処です。桜の季節はもちろん、季節ごとに姿を変える風景や白川…

日本初! 人工海水を100%利用の内陸型大規模水族館

京都水族館①

日本初! 人工海水を100%利用の内陸型大規模水族館

日本初の人工海水を100%利用した、世界でも珍しい内陸型の大規模水族館です。展示生物の総数は約250…

京都駅から徒歩で行く、緑あふれる癒しの新名所

梅小路公園

京都駅から徒歩で行く、緑あふれる癒しの新名所

旧JR梅小路駅の跡地にできた総合公園です。京都駅から徒歩で約15分の距離にありながら、緑と花にあふれ…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top