有松町並み保存地区
2016.6.28更新

江戸時代の町並みが今に残る歴史保存地区

有松町並み保存地区

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

絞り染めを産業として江戸時代に栄えたのがここ有松の地。貴重な町並みと建物を残すために、名古屋市が保存地区として指定しています。電柱が撤去されているため、江戸時代の風情などもより感じられ、のんびり観光するにはもってこいのエリア。毎年6月には「有松絞りまつり」も開催されます。

有松絞りの実演などとともに、当時の最先端の防災建築の知恵と工夫も見ておきたい

有松町並み保存地区

「有松町並み保存地区」には、旧東海道の古い町並みがそのまま残されています。ここは、織田信長が今川義元を討った桶狭間のすぐ近く。もともとの有松村は、東海道五十三次の池鯉鮒宿(知立)と鳴海宿の間にあって、宿場としても茶屋としても競争力の乏しい貧乏な村だったそうです。
それが、絞り染めを地場産業としたことで栄え始め、また天明の大火で町並みのほとんどが焼失したのを機に、尾張藩の援助で屋根を茅葺きから瓦葺に、壁もナマコ壁とするなど鉄壁の防火建築を取り入れていきます。その結果、当時の最先端の建築による豪壮な商家が建ち並ぶ町並みが形成されることになったといいます。今でも、その町屋建築が多く残されているのは実はそんな理由から。
このエリア、どこか映画のセットのようでもあり、散策していると、家の中からまげを結った町人がふと現れてくるような気分。西町近くにある武田邸などは名古屋市の指定文化財ですが、今も絞り製品の商店を営んでいます。伝統的な有松絞りの手ぬぐいなどはお土産にもオススメですよ。

有松町並み保存地区の基本情報

住所 愛知県名古屋市緑区有松地区
アクセス 名鉄名古屋本線「有松」駅1番出口より徒歩2分
お問い合わせ

有松町並み保存地区周辺の観光スポット

貴重な時代の文化遺産「ホーロー看板」などのコレクションを展示

ホーロー看板館

貴重な時代の文化遺産「ホーロー看板」などのコレクションを展示

ホーロー看板(琺瑯看板)は、薄い鉄板にガラス質を焼き付けたもの。電波・ネットなどの広告媒体がなかった…

周辺のスポット記事一覧へ

散策・モデルコースの他の記事を見る

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

イセザキ・モール

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

伊勢佐木町の1丁目2丁目にあるのがイセザキ・モール。JR関内駅から歩いて1分程度のところに入口があり…

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

馬車道

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

横浜市中区にある道路の通称である「馬車道」は、2004年に横浜高速鉄道みなとみらい線が開通し、「馬車…

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

福寺松原商店街

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

相鉄線「天王町」駅で下車。降りてすぐの商店街を抜けて5分ほど歩くと国道16号線。この道を渡ったところ…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

コーヒーハウス ザ・カフェ(ホテルニューグランド)

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

関東大震災で崩壊した横浜の衰退に歯止めをかけるべく建設され、ハイカラな文化を発信してきたホテルニュー…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top