ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店
2016.5.6更新

名物ずんだ餅からスイーツまで楽しめる和カフェ

ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店

  • 芸術・文化施設

南東北地域で古くから食されている菓子「ずんだ餅」とオリジナルのずんだ餡を使ったスイーツなどが味わえるカフェ。銘菓「萩の月」でおなじみの菓匠三全がプロデュースしています。

ここだけの味は素材へのこだわりから

ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店

一夏のうちほんの数日しか収穫できない若い枝豆を新鮮なうちにすりつぶし、砂糖とあわせて餡にし、餅にからめたものが「ずんだ餅」です。大豆を育てる土壌から厳選し、さまざまな種類の中から専門の職人が配合したものを使用しています。どら焼きなどに使われるこし餡や煮豆である、富貴豆の原料となる青えんどうは北海道上富良野の指定農家産。シンプルだからこそ素材のこだわりが味にでます。美味しくて体にやさしいので世代を問わず楽しめますね。

絶対に食べておきたい定番のずんだ餅

ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店

若葉のような緑色あざやかな餡に、なめらかな餅をからめて食べる「ずんだ餅」。やはり食べておきたい定番です。お土産にもありますが、ご当地仙台で食べれば情緒を感じられますよ。カップ入りの「ずんだ餅ぷち」は、味が同じでも餅が一口サイズなので食べやすくなっています。洋風スイーツに見えておしゃれだし、常温保存できるので、長時間持ち歩く際のお土産におすすめですよ。「ずんだまんじゅう」は、ほどよい甘さの餡がふわっとしたまんじゅうの皮で包まれ、ずんだの新しい風味が感じられます。美しく炊き上がった「富貴豆」はお茶うけにぴったり。「富貴どら焼き」は餡の色合いも楽しめる杜の都仙台らしさにあふれています。

ちょっと変わったずんだスイーツもあるカフェ

ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店

オリジナルのずんだ餡を使ったスイーツも楽しめます。食べてみてまず驚くのは、ずんだ餡との親和性のよさです。バニラアイスと一緒に提供されるのが「ずんだロールセット」。フィリングの部分からはバランスよくクリームと合わさった、ずんだの存在がはっきりと。餡が存分に堪能できるのが「ずんだ最中アイス」。餅ではなくアイスと一緒になることで思いのほかさっぱりとした食感になりました。「ずんだシェイク」は、枝豆の感触とほんのりとした甘みが一つになっています。今までにない新しい和スイーツを一度はいただいてみたいですね。

ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店の基本情報

住所 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅3F
アクセス JR仙台駅西口 徒歩1分
お問い合わせ 022-715-1081

ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店周辺の観光スポット

スープからトッピングまで海老づくしを味わうラーメン

えびそば えび助

スープからトッピングまで海老づくしを味わうラーメン

ラーメンのだしといえば、鶏や豚の動物系、昆布やいりこなど魚介系が主流です。登場した途端にそのテイスト…

世界各国の蝶や絵画、こけしなどのコレクションを展示

カメイ美術館

世界各国の蝶や絵画、こけしなどのコレクションを展示

仙台市の総合商社カメイ株式会社の創業90周年を記念して設立された「カメイ美術館」。カメイ社会教育振興…

いざ仙台、歴史の旅へ! 子どもも大人も興奮の仙台市博物館

仙台市博物館

いざ仙台、歴史の旅へ! 子どもも大人も興奮の仙台市博物館

主に仙台地方の歴史と美術を紹介している「仙台市博物館」。仙台伊達家伝来の資料も数多く展示されており、…

伊達政宗に会いにゆく。 「瑞鳳殿」

瑞鳳殿

伊達政宗に会いにゆく。 「瑞鳳殿」

日本の歴史に詳しくない人でも一度は名前を聞いたことがある武将・伊達政宗。彼は、伊達氏17代目当主であ…

周辺のスポット記事一覧へ

芸術・文化施設の他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

top