おちゃのこさいさい
2016.5.9更新

七味や一味、山椒にオリジナルの激辛薬味で人気のお店

おちゃのこさいさい

  • ショッピング

激辛の七味やラー油などで知られている、七味とうがらしの専門店です。世界一の辛さとも言われる七味は一度食べたら忘れられない味。国産唐辛子が使われているため、ただ辛いだけではない和の繊細な風味も味わってみてはいかがでしょうか。

激辛じゃなくて狂辛の「舞妓はんひぃ~ひぃ~」

おちゃのこさいさい うどんや鍋には欠かせない薬味の七味や一味。独特の辛味が好きでついついたくさんかけてしまいますよね。でも、いくら辛いのが平気でも「舞妓はんひぃ~ひぃ~」は、そんじょそこらの辛さではありません。世界一辛い狂辛はだてではないのです。普通の唐辛子の10倍の辛さの国産ハバネロが、お口の中で大暴れします。まずは少しだけ試してみてください。確かに辛いですが、今まで味わったことのない後をひいてしまう風味に、一度使ったらやめられなくなります。

香りを楽しみ風味を味わう柚子七味と一味

おちゃのこさいさい 日本の伝統的な調味料といえば柚子や山椒。どちらもお料理や素材を美味にします。
柚子といえばなんといっても実生柚子(みしょうゆず)です。ホンユズとも呼ばれ、香りや酸味のバランスのよさで知られています。その極上の風味を一味、七味に合わせてみました。ピリッの後に広がる柚子の香りは、鍋料理には欠かせなくなりそうです。薬味にするだけではなく、隠し味としても料理に使うのも良いですね。
幕府にも献上されていたという朝倉山椒をふんだんに使った山椒です。山椒といえばうなぎですが、うどんやそばにもかけるのが京都流とか。お味噌汁にさっと一振りすると、いつもとちょっと違う贅沢な印象に。ぜひ試してみてくださいね。

今までにない上品な辛さを食すふりかけ

おちゃのこさいさい ほんのり甘みのある京野菜の九条ねぎ、黒七味をあわせた胡麻がふりかけになりました。どちらも料亭の懐石などで定番の食材です。
「京ら~油ふりかけ」は、京都産の九条ねぎを刻み香ばしく素揚げにし、そこに上品なピリ辛味で人気の「京ら~油」がしっとりとからんでいます。
「京の胡麻ふりかけ」は、胡麻と黒七味が作り出す辛さが絶妙です。風味を味わうために、たっぷりとかけていただきたくなります。
どちらのふりかけも辛さだけではない旨みが後をひき、白いご飯がとまらなくなりそうです。

おちゃのこさいさいの基本情報

住所 京都府京都市東山区清水三丁目316-4
アクセス 清水寺から徒歩5分
お問い合わせ フリーダイヤル 0120-831-314

おちゃのこさいさい周辺の観光スポット

祇園のお茶屋の佇まいを今に残す甘味処

甘味どころ ぎをん小森

祇園のお茶屋の佇まいを今に残す甘味処

祇園らしさあふれる町屋の情緒たっぷりの甘味処です。桜の季節はもちろん、季節ごとに姿を変える風景や白川…

日本初! 人工海水を100%利用の内陸型大規模水族館

京都水族館①

日本初! 人工海水を100%利用の内陸型大規模水族館

日本初の人工海水を100%利用した、世界でも珍しい内陸型の大規模水族館です。展示生物の総数は約250…

京都駅から徒歩で行く、緑あふれる癒しの新名所

梅小路公園

京都駅から徒歩で行く、緑あふれる癒しの新名所

旧JR梅小路駅の跡地にできた総合公園です。京都駅から徒歩で約15分の距離にありながら、緑と花にあふれ…

伝統工芸京扇子の歴史を現代につなぐ扇

京扇堂 京都本店

伝統工芸京扇子の歴史を現代につなぐ扇

創業1832年。伝統的な儀式用、日本舞踊などに使う舞扇、ふだん使いまで、ありとあらゆる京扇子を扱う老…

周辺のスポット記事一覧へ

ショッピングの他の記事を見る

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

top