関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo
place

長崎県対馬市厳原町下原矢立 (五島・対馬・壱岐エリア)

phone 0920542341

矢立山古墳の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/06/07 特徴的なT字形を呈する横穴式石室
厳原から44号線を西へ、小茂田浜に向かう途中の道沿いに在ります。道路沿いに駐車スペース有り、山を登ると遺跡の在る広場でベンチが有り、公衆トイレはないです、7世紀前半から後半にかけての古墳群で、墳丘に貼り石をもつ3段築成の長方形墳で、T字形を呈する横穴式石室が特徴的でした、入口の開閉はセルフ解錠で、観光客は誰もいない遺跡でした、古墳までの石段の蹴上が高く、登るには一苦労しますが、杖が常備されていて...

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県対馬市厳原町下原矢立 [地図]
エリア
五島・対馬・壱岐エリア
電話番号
0920542341
案内情報
長崎県対馬市厳原(いずはら)町にある古墳群で対馬の西海岸、小茂田(こもだ)の集落に注ぐ佐須川の右岸にあります。1号墳は東西5.2m、南北4.5m、高さ2.4mの墳丘に貼り石をほどこした3段築成の方墳。埋葬施設は長さ4.8mの横穴式石室で、金銅装大刀、木棺に使用された鉄釘、須恵器(すえき)片などが出土されており、2号墳は東西8.8m、南北10.5m、高さは2.5mを超える墳丘に貼り石をもつ3段築成の長方形墳で、T字形を呈する横穴式石室が特徴的です。出土遺物は金銅装大刀、銅椀、須惠器の長頸壺などです。2001年(平成13)に発見された3号墳は積み石塚で、段築は確認されていません。埋葬施設は両袖式の横穴式石室で、鉄刀、鉄鏃(てつぞく)、土器類などが出土されています。この古墳群は7世紀前半から終末にかけて営まれ、新たに発見された3号墳は1・2号墳よりも後の築造で、規模や構造などにおいて様相を異にしていることが明らかになりました。1976年(昭和51)に1号・2号墳が矢立山古墳として国の史跡に指定されたが、3号墳が発見され、2005年(平成17)に追加指定されて、古墳群と名称変更されました。
テーマ
歴史・文化財・日本遺産

情報提供: 旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。