関連する記事

関連する観光コース

- 新潟 PHOTO ALBUM -

banner_photo

和島オートキャンプ場

キャンプ/オートキャンプ

北陸自動車道「西山IC」より車で約20分のところにあるキャンプ場。丘の上にある高規格キャンプ場からは日本海の絶景を眺めることができる。展望台は見晴らし抜群で、晴れた日には日本海に沈む夕日や佐渡ヶ島まで一望できる。テントサイト、ウッドデッキ付きのキャビンが4棟、ペット可能エリアではペットと一緒にキャンプを楽しめる。温水の使える炊事場や電源付きサイトもあり、管理人が24時間常駐しているため安心快適に利用できる。

place

新潟県長岡市両高1 (長岡・寺泊・柏崎エリア)

phone 0258743010

おすすめ記事

詳細情報

住所
新潟県長岡市両高1 [地図]
エリア
長岡・寺泊・柏崎エリア
電話番号
0258743010
利用時間
【総合案内施設】
8:30-17:00

【テントサイト】
[1泊2日]14:00-翌11:00
[日帰り]11:00-14:00

【バンガロー】
[1泊2日]14:00-翌11:00
[日帰り]11:00-14:00
※開設期間は4月中旬-11月上旬
休業日
12/1-3/31
サイトの種類/数
[オートサイト]52
[電源サイト]21
[ペットサイト]9
[バンガロー]5
[キャビン]4
駐車場
サイト内横付け
利用料金
【A区画】
[4/29-5/5、7/23-8/22]1泊2日7,000円、日帰り2,500円
[上記以外の期間]1泊2日6,000円、日帰り2,000円
[延長1時間]500円
※オートキャンプサイト・AC電源付き
※年度によって変更あり

【B区画】
[4/29-5/5、7/23-8/22]1泊2日5,000円、日帰り1,200円
[上記以外の期間]1泊2日4,500円、日帰り1,000円
[延長1時間]500円
[予備サイト]3,000-4,000円
※オートキャンプサイト
※年度によって変更あり

【C区画】
[4/29-5/5、7/23-8/22]1泊2日4,000円、日帰り1,200円
[上記以外の期間]1泊2日3,000円、日帰り1,000円
[延長1時間]500円
※年度によって変更あり

【バンガロー】
[6/15-8/31]1泊2日9,000円、日帰り3,500円
[上記以外の期間]1泊2日8,000円、日帰り3,000円
[延長1時間]500円
[エアコン代]1,000円(日帰りの場合は500円)

【キャビン】
[6/15-8/31]1泊2日12,000円、日帰り4,500円
[上記以外の期間]1泊2日11,000円、日帰り4,000円
[延長1時間]500円
[エアコン代]1,000円

【管理費】
[1泊2日]一般・高校生400円、小中学生200円
[日帰り]一般・高校生200円
支払方法
現金
トイレ
水洗トイレ(温水洗浄便座あり)
シャワールーム
あり
お風呂
なし
炊事場
あり
管理棟内の売店
あり
最寄りスーパー・ホームセンターは車で5分
食堂
なし
レンタル用品
あり
Wi-fi利用可否
可(管理棟周辺のみ)
子供の遊び場
あり
焚火利用
あり
広葉樹800円、針葉樹500円
標高
60m
備考
※サイトの種類はすべてオートサイト(そのうち電源サイト21、ペットサイト9)

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          新潟 の主要エリア

          around-area-map

          北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。