三朝温泉

温泉/温泉浴場

浸かって、飲んで、吸って、世界屈指のラドン泉に癒やされる

高濃度ラドン泉で知られる三朝温泉。「三たび朝を迎えると元気になる」と古くから多くの湯治客を癒やしてきた。どこか懐かしい昔ながらの湯の町の風情。周囲の自然も体に元気をくれるようだ。

温泉街の中心にある「三朝橋」。青御影石造りの風流な橋は国の登録有形文化財に登録されている 温泉街の中心にある「三朝橋」。青御影石造りの風流な橋は国の登録有形文化財に登録されている

三朝の湯は世界有数のラジウム温泉

三朝温泉を「みささおんせん」と読める人はかなりの温泉通だ。鳥取県のほぼ中央に位置し、
険しい山々に囲まれた自然豊かな温泉地。開湯から850年以上の歴史をもち、山岳信仰の霊場、三徳山参拝の拠点としての役割も担ってきた。泉質は含放射能/ナトリウム・塩化物泉、または含放射能/単純泉で、世界屈指のラドン含有量を誇る放射能泉。ラドンとはラジウムが分解されて生じる弱い放射線で、ラドン泉に入るとおもに肺から吸収されたラドンが細胞を刺激し、新陳代謝を促し、免疫力や自然治癒力を高めてくれるという。23軒の温泉宿が三朝(三徳)川の両岸に点在している。

三朝橋のたもとにある露天の「河原風呂」には足湯もある。2021年(令和3)夏の大雨で流されたが復活した 三朝橋のたもとにある露天の「河原風呂」には足湯もある。2021年(令和3)夏の大雨で流されたが復活した

温泉街や川沿いを歩きながらランド泉を満喫

三朝温泉は、「浸かって良し、飲んで良し、吸って良し」の三拍子そろった温泉。入浴だけでなく、飲泉、熱気浴も楽しむことができる。それを宿だけでなく、温泉街や三朝川沿いを歩いていても体験できるところがうれしい。河原の露天風呂と共同浴場が2か所、足湯の施設が4か所、飲泉できるところも3か所あり、温泉街には「吸う温泉」として注目される熱気浴泉の施設も備わった。温泉街のメインストリート「温泉本通り」を歩けば、店の一角に店主のコレクションや三朝の今昔を展示した「湯の街ギャラリー」も楽しめ、射的やスマートボールのある娯楽場、駄菓子屋など、懐かしい湯の町の風情を満喫できる。

薬師堂がある広場の「薬師の湯」では足湯をしながら飲泉もできる 薬師堂がある広場の「薬師の湯」では足湯をしながら飲泉もできる

2020年(令和2)にリニューアルオープンした「天然ラドン熱氣浴泉 すーはー温泉」。利用には予約が必要 2020年(令和2)にリニューアルオープンした「天然ラドン熱氣浴泉 すーはー温泉」。利用には予約が必要

気持ちのいい三朝川沿いの散策もおすすめ

三朝温泉の中央を流れる三朝川には、「三朝橋」のほか、下流に「かじか橋」、上流には「恋谷橋」とそれぞれ風情のある橋が架かり、それらを巡りながら川沿いを散策するのも気持ちがいい。5-7月頃の夕暮れ、川辺ではカジカガエルの鳴き声が響き、その美しい音色は「日本の音風景100選」にも選ばれている。三朝温泉ではラジウムの発見者キュリー夫人の偉業を讃え、母国であるフランスとの親交を深めている。川沿いにキュリー夫人の胸像が立っているのはそのためだ。夏に開催されるキュリー祭ではこの像に献花を行っている。

清流にしか棲息しないカジカガエル。「恋谷橋」にあるカエルの像をなでると良きご縁を授かるとか 清流にしか棲息しないカジカガエル。「恋谷橋」にあるカエルの像をなでると良きご縁を授かるとか

キュリー夫人の胸像があるのは「恋谷橋」近くの「キュリー広場」 キュリー夫人の胸像があるのは「恋谷橋」近くの「キュリー広場」

温泉以外にもいろいろな体験を

三朝温泉ではさまざまな体験メニューもそろっている。「ふるさと健康むら」では、みささ白狼焼の絵付体験や陶芸体験が楽しめるほか、特産の神倉大豆を使った食事やお土産物を購入できる。弦楽器の製作と演奏をテーマにした「三朝バイオリン美術館」もあり、定期的に弦楽器のコンサートが開かれるので、旅程に組み入れるのもいいだろう。どちらも温泉街から三朝川沿いを歩いて10分程度と近いところにある。

三朝川沿いに宿や各種施設が点在。温泉、自然、体験と三朝の魅力を満喫しよう 三朝川沿いに宿や各種施設が点在。温泉、自然、体験と三朝の魅力を満喫しよう

スポット詳細

住所
鳥取県東伯郡三朝町三朝
電話番号
0858430431
泉質
単純弱放射能泉、含放射能-ナトリウム-塩化物泉
効能
約53.6℃(平均)
泉温
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、動脈硬化症、打ち身、切り傷、胆道疾患、気管支喘息、痛風、高血圧、糖尿病、消化器系疾患、皮ふ病、婦人病等
源泉数
90
湯量
不明
日帰り温泉施設数
2

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 倉吉白壁土蔵群、三徳山にも近い温泉地
    4.0 投稿日:2020.11.27
    鳥取県を代表する温泉地。大きな旅館からこじんまりした旅館までいろいろあり、料金など好みに応じて選べます。共同浴場が2つあり、昔ながらの温泉街もあります。今回は、三徳山投入堂参拝後、旅館大橋に宿泊しました。
  • 寂しい
    2.0 投稿日:2020.08.01
    廃れている感じがしました。旅館に泊まったわけではないのでなんとも言えませんが、温泉街といっても食べ歩きやお土産屋さんもあまりなかったです。
  • 個人客は戻りつつありました♨
    3.0 投稿日:2020.07.25
    三徳川の両岸に温泉街や温泉旅館が広がっていました。時節柄、温泉客は少ないかと思っていましたが連休中でもあり、客足は戻りつつあるそうでした。それでも日中の温泉街を散策するのは、せいぜい家族連れか小グループ程度でした。狭い通りの「温泉本通」を進むと如何にも温泉街風のレトロ感ある建物が続き、昭和の時代を醸し出しているようでした。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          倉吉・三朝温泉エリアのおすすめスポット

          鳥取のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました