八幡平温泉郷

温泉/温泉浴場

個性豊かな温泉が集まる東北屈指の温泉郷

岩手県は温泉王国といわれ、なかでも八幡平の温泉は秘湯ムードたっぷりで、温泉天国とも称される。そんな温泉郷周辺の見どころを探ってみよう。

八幡平樹海ラインの岩手山山頂近くにある「奥藤七(おくとうしち)温泉」の野天風呂 八幡平樹海ラインの岩手山山頂近くにある「奥藤七(おくとうしち)温泉」の野天風呂

さまざまな温泉で湯巡り

「八幡平の温泉」といっても、その範囲はとても広く「藤七(とうしち)温泉」「松川温泉」「玉川温泉」「八幡平温泉」など数多くの温泉地が点在する。多くの温泉地の周辺には、キャンプ場やスキー場などのアクティビティ施設も豊富で、日帰り入浴と合わせた観光プランが充実している。泉質や効能も温泉地によってさまざまで、複数の温泉で湯浴みを楽しむ湯巡り客も増えている。また最近では癒やしを求め、ひなびた温泉を好む利用者も増え、秘湯ムード満点の八幡平の温泉も注目度がアップ。なかでも岩手山山頂近くにある藤七温泉や、独特な雰囲気の松川温泉などは、周辺の観光とセットで多くの旅行客が利用している。

地熱の副産熱である蒸気がもうもうと噴き上がる松川温泉の景色 地熱の副産熱である蒸気がもうもうと噴き上がる松川温泉の景色

独特な景観が秘湯ムードを醸し出す

松川温泉は、八幡平のアスピーテラインと並ぶ主要路、「八幡平樹海ライン」沿いにあり、松川地熱発電所や松川渓谷などのスポットも近く、観光客がそのまま立ち寄れるアクセスの良さで特に人気。松川渓谷の切り立った断崖沿いの河原を散策したり、夏場には水遊びをする家族連れの姿をよく見かける。紅葉の季節には、車が大渋滞するほどの人気スポットだ。渓谷の手前にも「岩手県県民の森」や「ふれあい学習館」などがあり、週末ともなればファミリー層を中心に大賑わいを見せる。県民の森広場ではさまざまなイベントも開催されているので、事前にチェックしておくのもいいだろう。

松川地熱発電所の景観。ゲートの前までは自由に出入りできる 松川地熱発電所の景観。ゲートの前までは自由に出入りできる

松川玄武岩の渓谷では、河原で遊ぶ人たちの姿が見られる 松川玄武岩の渓谷では、河原で遊ぶ人たちの姿が見られる

まるで屋内公園のような「ふれあい学習館」の内部。企画展なども開催 まるで屋内公園のような「ふれあい学習館」の内部。企画展なども開催

温泉地の近くには立ち寄りスポットも多数

温泉巡りの合間に、観光スポットにも立ち寄ってみよう。八幡平アスピーテラインに続く県道23号沿いに、知る人ぞ知る「松尾鉱山資料館」がある。松尾鉱山とは1914年(大正3)から1971年(昭和46)まで存在した、東洋一の硫黄鉱山。その鉱山の歴史や最盛期の様子を、写真や貴重な資料で紹介しており、八幡平観光のメインに据える人も多い人気施設だ。資料館の近くには「松尾八幡平ビジターセンター」もあり、八幡平の自然や歴史に関する展示コーナー、観光案内窓口を設置しているほかに、産直館も隣設している。どの温泉にしようかまだ決まっていない場合、ビジターセンターで問い合わせてみるのも良いかもしれない。

「松尾鉱山資料館」をじっくり見学するなら、最低1時間はみておこう 「松尾鉱山資料館」をじっくり見学するなら、最低1時間はみておこう

スポット詳細

住所
岩手県八幡平市松尾寄木
電話番号
0195783500
泉質
単純硫黄泉
効能
約70℃
泉温
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、高血圧症、動脈硬化症、切り傷、慢性皮ふ病、糖尿病、痔疾、慢性婦人病等
源泉数
1
湯量
400-1800リットル/分
日帰り温泉施設数
5

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          八幡平・安比高原エリアのおすすめスポット

          岩手のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました