関連する記事

関連する観光コース

- 沖縄 PHOTO ALBUM -

banner_photo

琉球温泉 龍神の湯

那覇空港から車で10分、瀬長島北部の「琉球温泉 瀬長島ホテル」に引かれたナトリウム・塩化物強塩泉の温泉。地下1,000mから湧き出る天然温泉は、毎分500Lの豊富な湯量を誇る。体を心から温める効果が大きく、入浴後の保湿効果も高いため湯冷めしにくいお湯だ。冷え性や疲労回復、慢性婦人病などの効能があり「子宝の湯」とも呼ばれている。水深120cmの「立湯露天風呂」は、立ったまま瀬長島西の海が望める温泉。足元に敷き詰められた丸い石には足つぼマッサージ効果もあり、時間を忘れて慶良間諸島に沈む夕陽を楽しめる。館内は「金龍の湯」「銀龍の湯」に分かれており、毎日日替わりで男湯女湯を入れ替えている。

place

沖縄県豊見城市豊見城瀬長174-5 (那覇・南部エリア)

phone 0988517167

龍神の湯の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/01/07 さいこう!
那覇市へ出張の際、飛行機までの時間があったのでタクシーに乗って、瀬長島にある龍神の湯に行ってきました。海の景色が最高でちょうど17時30分頃のサンセットを拝むことができました。空港が見渡せる露天風呂は最高でした!
那覇で少し時間が出来た時はゆっくりと温泉に浸かるのもおすすめです。
ほとんどが露天風呂になっているので、お湯に浸かりながら景色を眺めるには最高ですよ。
投稿日:2019/11/24 曇り空でも充分楽しめる
夕日が見える立ち湯が売りということでしたが、曇り空でも充分楽しめる充実の設備でした。宿泊客としてではなく日帰りで来訪。平日の午後一の時間帯ですが外国の方含め、賑わっていました。お湯の温度は全体的にややぬる目な感じはしましたが、壺型で1人でのんびり楽しめる浴槽なども種類もあり、充分楽しめました。日帰り温泉客としてはもう少し休憩スペースが広くて開放感があるといいなとは思いましたが、宿泊客なら何の問題も...
投稿日:2019/11/10 Good
夕日をゆっくり見ながら入浴するのが良いかと思います。
陽のあるうちにウミカジテラスをぶらぶらし、入浴後にまたウミカジテラスをぶらぶらするのが良いかと思います。

おすすめ記事

詳細情報

住所
沖縄県豊見城市豊見城瀬長174-5 [地図]
エリア
那覇・南部エリア
電話番号
0988517167
泉質
ナトリウム-塩化物強塩泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病等
泉温
50℃
源泉数
1
湯量
500リットル/分

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。