小浜温泉

温泉/温泉浴場

古くから湯治場として多くの人に愛されてきた名湯

島原半島の西岸、橘湾に面した歴史ある名湯。日本一熱い温泉で知られ、30か所から湧き出している源泉の湯温はなんと105℃。湧出量も1日1万5000tと豊富で、熱量(湯温×湧出量)でも全国でナンバーワンだ。

あちこちから湯けむりの上がる温泉街。小浜温泉ではほとんどの旅館やホテルが海沿いに立っている あちこちから湯けむりの上がる温泉街。小浜温泉ではほとんどの旅館やホテルが海沿いに立っている

風光明媚な小浜温泉を島原観光の拠点に

島原鉄道の島原駅から車で1時間弱に位置する小浜温泉。目の前に橘湾(たちばなわん)、背後に雲仙岳の広がる海浜リゾートで、海沿いの国道を中心に旅館やホテルが並んでいる。日帰り入浴のできる宿は8軒、共同浴場も2軒ある。小浜温泉ではまた、温泉街の周囲に広がる豊かな自然も魅力だ。島原半島は2009年(平成21)に「島原半島世界ジオパーク」として認定された。世界ジオパークとは、地球科学的な価値の高い地域をユネスコが認定したもので、日本では9か所のみ。小浜温泉を拠点にして島原半島をぐるりと一周し、火山地帯ならではのスポットを巡るのがおすすめだ。

雲仙温泉とともに、国が定める国民保養温泉地に指定されている 雲仙温泉とともに、国が定める国民保養温泉地に指定されている

海沿いの国道から1本入った湯の町通り。風情ある小道に土産物屋や飲食店が並ぶ 海沿いの国道から1本入った湯の町通り。風情ある小道に土産物屋や飲食店が並ぶ

斎藤茂吉も魅了した歴史ある温泉地

小浜温泉は、奈良時代に綴られた「肥前風土記」にも記された歴史ある古湯だ。精神科医であり歌人でもあった斎藤茂吉が訪れたことでも知られる。茂吉は長崎医専(現在の長崎大学医学部)の教授時代に何度も小浜を訪れ、夕日に感動して歌を詠んだ。橘湾を真紅に染めて長崎半島に沈む夕日の美しさは、時代を超えても変わらない。日常を忘れて癒やしの時間を過ごせるだろう。日本一高温で湧出量も豊富な温泉の泉質は塩化物泉で、神経痛・筋肉痛やリウマチなどに効能があるとされる。波音を背景に夕日や星空を眺めながら、じっくりと湯に浸かって身も心も温めよう。

夕日の広場に建てられた茂吉の歌碑 夕日の広場に建てられた茂吉の歌碑

小浜温泉の歴史をたどることのできる小浜歴史資料館。海岸から徒歩2分の小高い場所にある 小浜温泉の歴史をたどることのできる小浜歴史資料館。海岸から徒歩2分の小高い場所にある

日本一長い足湯や名物料理を楽しむ

小浜温泉には街歩きを楽しめるスポットが点在する。日本一長い足湯「ほっとふっと105」は、105℃ある源泉温度にちなんで105mの長さで造られた海を一望できる足湯だ。ウォーキング足湯やペット用の足湯も完備され、ひと味違った方法で温泉を楽しめる。おなかがすいたら、温泉の蒸気を使って調理した「蒸し釜料理」を堪能しよう。小浜の海は、釣り人のメッカといわれるほど魚の宝庫。新鮮な海産物を高温の蒸気で蒸しあげた料理は絶品だ。さらに日本三大ちゃんぽんのひとつである「小浜ちゃんぽん」もおすすめ。小浜のご当地グルメなので、ぜひ味わってみてほしい。

上の川湧水から南へ3分ほど歩いた住宅街の一角に湧き出している「炭酸泉」。小浜温泉で唯一の冷泉だ 上の川湧水から南へ3分ほど歩いた住宅街の一角に湧き出している「炭酸泉」。小浜温泉で唯一の冷泉だ

小浜温泉ゆかりの神社や資料館を散策

小浜温泉街には、湯の神と称して祀られた小濱神社(おばまじんじゃ)がある。拝殿では、一夜で描かれたという龍の天井絵を見られるので、散策しながら立ち寄ってみよう。また小浜公会堂の裏手にある「上の川湧水」では、冷たくおいしい水がこんこんと湧いている。ここは、キリシタン弾圧時代に雲仙地獄へ登る道中に最後の休憩場所だった地。清らかな水が特徴で、今でも汲みに訪れる人がいるほどだ。南へ歩けば、町の歴史をたどることのできる「小浜歴史資料館」もあり、町の歴史や交通、温泉の特色などを学んでみるのもおすすめだ。

小濱神社は島原藩主の命により再興された「小濱大明神」が前身 小濱神社は島原藩主の命により再興された「小濱大明神」が前身

スポット詳細

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町・南本町
電話番号
0957742672
泉質
ナトリウム-塩化物泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病等
泉温
80-105℃
源泉数
27
湯量
1万5000トン/日
共同浴場数
4
日帰り温泉施設数
15

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • じっくり、静かにひなびた海辺の温泉を楽しむ人向き!
    4.0 投稿日:2020.07.28
    コストパーフォーマンスから考えると雲仙温泉に泊まるより車で30分ほど海辺に降りた小浜温泉の方がよい。雲仙ほどの賑やかな温泉地ではないし、宿のサービスレベルも期待薄だが、じっくり静かに温泉を楽しむ向きには、高温で源泉掛け流し、塩化ナトリウム透明泉で満足出来るかも。また海に向かった露天では夕日が素晴らしい。ただし雲仙のような硫黄泉ではないので要注意。海辺に温泉が出ているので温泉蒸しの料理がウリ。また...
  • 海沿いの噴気孔が沢山。
    5.0 投稿日:2020.03.23
    小浜温泉の中心には沢山の熱い噴気孔があり、高熱の水蒸気を利用した蒸し料理の店が並びます。高温熱々の水蒸気を目の前に迫力すら感じます。
  • 熱量日本一の温泉
    4.0 投稿日:2019.10.26
    熱量日本一の温泉だけに、源泉掛け流しで贅沢なお湯を楽しめる温泉街。泉質も良く、お肌がつるつるになります。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          小浜・雲仙・島原エリアのおすすめスポット

          長崎のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました