伊香保温泉

温泉/温泉浴場

万葉集に歌われ、多くの文人墨客に愛された名湯

榛名山東側の中腹、標高600-800mに広がる伊香保温泉。万葉集の東歌に歌われているほど古い歴史がある。黄金の湯と白銀の湯、2つの温泉。そして365段の石段がシンボルだ。

上ノ山公園から見た伊香保温泉全景 上ノ山公園から見た伊香保温泉全景

水澤寺、榛名神社の参拝客の湯治場として

伊香保温泉はJR渋川駅からバスで25-35分。本数は少ないがJR高崎駅からもバスが出ているので、アクセスは良好だ。車で訪れる場合は関越自動車道・渋川伊香保ICから15分ほど。伊香保の湯の発見は1900年前とも1300年前ともいわれている。温泉街が形成されたのは1576年(天正4)。木暮氏、千明氏、岸氏ら七氏が湯元から温泉を引き、傾斜地を利用して石段や街を造ったのが始まりといわれている。当初は12軒の旅館があったが、そのうち今も残るのはホテル木暮、千明仁泉亭、岸権旅館の3軒だ。江戸時代には、水澤寺や榛名神社を参拝し、温泉で湯治をする人が増え、伊香保は黄金期を迎える。1893年(明治26)には宮内省の御用邸が造られ、毎年、皇族が来遊するように。また、明治30年代、日本駐在のハワイ国総領事だったロバート・ウォーカー・アルウィン氏が伊香保に構えた別荘は現存し、見学することができる。

三国街道・裏往還の要所として設けられた伊香保関所 三国街道・裏往還の要所として設けられた伊香保関所

男女別の浴槽と休憩室がある「石段の湯」 男女別の浴槽と休憩室がある「石段の湯」

色も効能も違う2種類の温泉

伊香保の湯には、「黄金の湯」と「白銀の湯」の2種類あることをご存じだろうか。黄金の湯は、もともとは無色透明。湯の中に含まれる鉄分が空気に触れて酸化し、鉄さびのような茶褐色になるのだ。やわらかい肌触りで、血行を促進させ、体を芯から温めてくれる。別名「子宝の湯」ともいわれている。
白銀の湯は1996年(平成8)に発見された新しい源泉。無色・無臭のやさしい温泉で天然の保湿成分・メタケイ酸を豊富に含むため、つるつるの肌になる。また高齢者や病後の回復、疲労回復に適しているという。
観光客が気軽に伊香保の湯を楽しむなら、湯元源泉地にある「伊香保露天風呂」がおすすめだ。木々に囲まれた心地良い環境で、かけ流しの黄金の湯を堪能できる。近くには飲泉所もあるので、外と内から温泉三昧しよう。石段街にある蔵づくりの「石段の湯」も日帰り入浴可能だ。

源泉から近く、新鮮な温泉に浸かれる伊香保露天風呂 源泉から近く、新鮮な温泉に浸かれる伊香保露天風呂

温泉と水、2つの蛇口がある飲泉所 温泉と水、2つの蛇口がある飲泉所

絶好の紅葉スポット・河鹿橋(かじかばし)

伊香保温泉は群馬県内でも有数の紅葉スポットとして知られる。特に美しいのは河鹿橋周辺だ。黄金色の温泉が流れる川と真っ赤な紅葉のコントラスト。シーズンになるとライトアップも行われ、幻想的な光景を目にすることができる。自然豊かな環境にありながら、賑やかな石段街を抱え、とびきりの温泉ももつ。伊香保温泉は徳冨蘆花や竹久夢二など、多くの文人墨客に愛されてきた。温泉街にある「徳冨蘆花記念文学館」や「竹久夢二伊香保記念館」を訪れれば、彼らと伊香保との深い関わりを知ることができる。

河鹿橋付近の紅葉の見頃は例年10月下旬-11月中旬 河鹿橋付近の紅葉の見頃は例年10月下旬-11月中旬

「徳冨蘆花記念文学館」には蘆花が永眠した千明仁泉亭の部屋を移築 「徳冨蘆花記念文学館」には蘆花が永眠した千明仁泉亭の部屋を移築

スポット詳細

住所
群馬県渋川市伊香保町伊香保
エリア
県央エリア
電話番号
0279723151
泉質
[黄金の湯]硫酸塩泉
[白銀の湯]温泉法上の温泉(メタケイ酸の項目で該当)等
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、動脈硬化症、五十肩、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、婦人病等
泉温
約42℃(黄金の湯)
源泉数
9
湯量
3500-5000リットル/分
共同浴場数
2
日帰り温泉施設数
3

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          県央エリアのおすすめスポット

          群馬のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました