NAVITIME Travel

草津白根山

群馬県吾妻郡草津町にある活火山で、白根山、本白根山、逢ノ峰などの一帯を総称して草津白根山といっている。白根山山頂には世界でも数少ない弱酸性火口湖の「湯釜」がある。現在は噴火警戒レベルが引き上げられており、火口から半径1km以内の立ち入りが禁止されている。草津高原や温泉街を一望しながら、空中散歩が楽しめる「白根火山ロープウェイ」があり、殺生レストラン前にある山麓駅と本白根山・逢丿峰の麓にある山頂駅まで約13分で行くことができる。

おすすめ記事

詳細情報

住所
群馬県吾妻郡草津町 [ 地図 ]
エリア
草津・四万・嬬恋エリア
コース1
本白根コース
白根山ロープウェイ山頂駅を出発して本白根山中央火口、鏡池を回るルート。リフトを利用すればほとんど登りを歩かないまま山頂に立てる。長い木の道が続くが、ルートは良く整備されていて歩き易く、危険箇所もない。ダケカンバの林が開けると火口が広がり、こまくさの群生地にもなっている本コースの中でも最も景色が愉しめる場所に出る。本白根山頂上からは、天気が良ければ富士山、浅間山、北軽井沢、草津の町が一望できる。
コース2
富貴原の池コース
本白根コースの本白根分岐から富貴原の池を通り、殺生河原へ向かうルート。静かな山歩きをしたい方には絶好のコース。富貴原の池から殺生河原までの区間は、多少のアップダウンがあるので足元に注意。ロープ張られている急坂がいくつかあるので、軍手があるとよい。殺生河原近くの溶岩流エリアも滑りやすい。富貴原の池を下ると、展望が開け草津の温泉街までよく見えるようになる。
コース3
殺生・万代鉱・石尊山・ 草津自然遊歩道コース
白根火山ロープウェイ山麗駅から万代鉱、石尊山、道の駅 草津運動茶屋公園を通って湯畑に出るルート。荒涼とした殺生河原から石楠花やツツジの群生地を通り抜ける。火口跡周辺は道も狭く急坂のため、足元に注意が必要。所々に硫化水素ガス発生区域があるので、立ち止まらないよう注意。白樺の新緑を案内に沿って歩いていくと、草津温泉の厳選のひとつ、万代鉱の湯煙が見えてくる。随所に案内看板が立っているので、道に迷うことはない。
コース4
しゃくなげ・武具脱の池コース
白根火山ロープウェイ山麗駅から武具脱の池を経て天狗山レストハウスへ向かうルート。源頼朝に追われた落人が武具を脱ぎ捨てたという伝説のある武具脱の池周辺では、観察して回れるように1周10分の木道が整備され、初夏にはシャクナゲ、秋にはウルシやナナカマド、ダケカンバなどが綺麗に色づき水面に映しだされる。遊歩道が整備されていて道幅も広く、気軽に散策できる。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          群馬 の主要エリア

          around-area-map

          群馬県は、上州名物「空っ風」でも有名な内陸の県です。 東京からアクセスする場合は、上越新幹線で高崎まで50分で着きます。大阪や名古屋からアクセスする場合は、直通で行く方法がなく、電車やバスを乗り換える必要があります。 群馬県は山が多く、浅間山はじめ活火山は6つもあります。そのため温泉地も数多くあり、関東一の温泉県とも呼ばれています。宿泊施設を伴う温泉地は99カ所あり、その中でも「草津温泉」「伊香保温泉」「水上温泉」「四万温泉」は人気の高い温泉地です。泉質や風景の違いなど楽しみつつ、さまざまな温泉地を巡るのもいいでしょう。 また、群馬県ではうどんが有名で水沢うどん、館林うどん、桐生うどんを「ぐんま三大うどん」と呼んでいます。おっきりこみというほうとうのような料理もあり、さまざまなうどん料理を楽しめます。その他には、焼きまんじゅうや、みそおでんも群馬の定番グルメです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          群馬の写真集