関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

旧出津救助院

長崎市西出津町にある歴史的建造物。明治時代に同地方に赴任したフランス人宣教師のド・ロ神父が、地域の女性のための授産施設として明治16年(1883)に建設したもので、マカロニ工場や薬局、製粉工場などを併設している。国の重要文化財に指定されているほか、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「外海の出津集落」にも含まれる。

place

長崎県長崎市西出津町2696-1 (長崎・諫早・大村エリア)

phone 0959251002

旧出津救助院の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/12/23 極貧の陸の孤島を救った博愛
世界遺産「潜伏キリシタン」の出津集落にある女性のための授産施設跡です。この地の余りに貧しい女性達のためにド・ロ神父が私財を投げうって作ったマカロニや糸、素麺など換金性の高い品の製造所はその建物やこの地独特の製法のド・ロ壁と共に重文指定されています。シスターによる説明をぜひ聴かれることをお勧めします。再び祖国に帰らない覚悟で危険な禁教下の日本に来て生涯この地に奉仕した神父の愛の物語に感動しました。
投稿日:2020/04/07 ド・ロ神父が作った授産活動の場
「外海の人々を貧しい生活から救いたい」という思いをもって潜伏キリシタンの地の一つである出津集落を築いていったフランス人のド・ロ神父という人がいます。ド・ロ神父が作った施設の一つが、この旧出津救助院です。海岸線からわずかに入った丘の斜面にいくつかの施設がつくられている出津集落にあって、その中腹あたりにこちらの旧出津救助院が建っていました。すぐ近くには、ド・ロ神父記念館もある場所です。
この施設は...
投稿日:2020/03/13 日本最初の保育所、女性の自立・稼得技術と労働を養成した、潜伏キリシタンの地に
今は、長崎市に編入の西彼杵の外海の出津。江戸の禁教期に250年もの隠れならに、潜伏キリシタンの地。 長崎市内から、今は国道で山越、海岸道路を楽にいけるが、たいへんな辺境の貧しい土地。明治になっても、(子供の間引き)もある
1879年(明治12)、外海地方に赴任したフランス人宣教師のド・ロ神父は、地域住民を窮状から救うために、農業指導、漁業指導、医療事業、教育事業など様々な活動を施行した。特に旧出...

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県長崎市西出津町2696-1 [地図]
エリア
長崎・諫早・大村エリア
電話番号
0959251002
時間
9:00-17:00(最終受付16:30)
[日]11:00-17:00
休業日
月(祝の場合は翌日)
料金
[入場料]大人400円、中・高校生250円、小学生200円
駐車場
あり(10台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
乳幼児の入店
備考
※レストラン tabedokoro ヴォスロールの利用予約はホームページをご確認ください。
https://shitsu-kyujoin.com/

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。