猪名寺廃寺跡

その他の史跡/建造物
猪名寺停留所から北へ約200m進んだ森の中にある法園寺境内で見られる史跡。現在では大正年間に跡地から運ばれてきた塔心礎と尼崎市教育委員会が設置した標識が残るのみで、約160平方メートルの敷地内に法隆寺式伽藍配置の塔と金堂が並んだ在りし日の光景を想像するのは難しい。昭和に行われた発掘調査では鎌倉時代や室町時代の物と思われる瓦も発見されている。戦国時代に在岡城が攻略された際、共に猪名寺も消失したという。

スポット詳細

住所
兵庫県尼崎市猪名寺1-31 法園寺内
駐車場
なし

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          阪神間エリアのおすすめスポット

          兵庫のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました