関口芭蕉庵

その他の史跡/建造物
「ホテル椿山荘東京」のほど近くにある俳人・松尾芭蕉の所縁の地。肥後細川庭園や永青文庫など多くの文化スポットに囲まれたエリアに、湧水池を中心とした池泉回遊式庭園有する「関口芭蕉庵」は広がっている。芭蕉が当時行われていた神田上水の改修工事に携わり、延宝5年(1677)から約3年間住んでいたとされるのが「龍隠庵」と呼ばれる庵だ。その後焼失し第二次大戦後に現在の庵が再建されたが、当時から残る銀杏の大木や白梅などが芭蕉が生きた時代の面影を残している。

スポット詳細

住所
東京都文京区関口2-11-3
電話番号
0339411145
時間
10:00-16:30
休業日
月、火(祝日に当たる場合は翌日)、年末年始
※その他不定休あり
料金
無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分
備考
※緊急事態宣言中は臨時休庵になります

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 残念ながら整備されているとは言い難い
    3.0 投稿日:2020.10.31
    早稲田大学から近く、神田川沿い、環境立地的には良い場所だと思うのですが、残念ながら整備されているとは言い難く、もったいないとしかいい様がありません。池は一度水を抜いては!?と言いたくなるような状況で、クラウドファンディングでもして手入れをしたら良いのでは?と考えてしまいます。都内において本来は貴重な場所だと思います。
  • 草ぼうぼう
    2.0 投稿日:2020.08.01
    有楽町線の江戸川橋駅から神田川沿いの遊歩道を歩いて8分くらい門構えはそこそこでしたが夏のせいか、どこも草ぼうぼうで階段はほとんど途中から危険シール家屋の内覧はないので早々に退散しました無料だから仕方ない
  • 松尾芭蕉が一時期住んでいたそうです
    3.0 投稿日:2020.04.08
    江戸時代の中期に歌人の松尾芭蕉が、一時期この地に住んでいた経緯があります。神田川沿い正門は通常閉じられたままで以前は気付きませんでしたが、たまたま胸突坂を登っていたらここに面した通用門に出入り口があり、そこから自由に入園することができました。中は一般的な庭園といったものではなく、雑然としたお庭という感じでした。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          秋葉原・神田・御茶ノ水・水道橋・飯田橋エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました