パールロード

スカイライン等

雄大な海景色のなかを走る、鳥羽を代表するドライブウェイ

鳥羽と志摩を結び、リアス海岸と山並みを縫うように進む美しいドライブウェイ。大海原を見晴らせる展望台に上ったり、絶景自慢のカフェレストランで海の幸を楽しんだり、魅力あふれるシーサイドドライブを満喫しよう。

海沿いを走るパールロードからは絶景が堪能できる。爽やかな海風が心地良い 海沿いを走るパールロードからは絶景が堪能できる。爽やかな海風が心地良い

青い生浦湾と緑の山々に、白いアーチが映える

鳥羽から志摩の海岸線を走る全長23.8kmのパールロード。起点となるのが、浦村町今浦と本浦を結ぶ全長約196mの「麻生の浦大橋」だ。波穏やかな生浦湾と山々を背景に、真っ白なアーチがダイナミックに映し出されて美しい。橋は千葉県で造られたあと、この形のまま船で運ばれ、潮の干満を利用しながら1972年(昭和47)に架設されたのだとか。途中に橋桁がないのが特徴で、橋の上から眺めると正面に麻倉島と大村島が見える。その周囲には養殖牡蠣の筏が並ぶ鳥羽らしい景観が広がり、目を奪われる。

海の青、山々の緑、白い橋が見事なコントラストをつくり出している 海の青、山々の緑、白い橋が見事なコントラストをつくり出している

個性派ミュージアムや絶景カフェレストランで充実のひととき

麻生の浦大橋から3.8kmほど走ると、海と志摩の文化を伝える「鳥羽市立海の博物館」がある。海女、漁などを紹介する2つの展示棟、多数の木造船が見られる船の棟、体験学習館が点在し、テーマである「海と人間」についてじっくり学べる。そして、パールロードの中間点、箱根山に建つのが「鳥羽展望台 食国蔵王」だ。どこまでも続く太平洋を一望できる展望台には、売店や絶景カフェレストランなどが併設されている。地元で獲れた新鮮な海の幸も楽しめるので、昼食や休憩のために立ち寄ってみては。

ランチやティータイムには「海鮮カフェ はねやすめ」へ立ち寄ろう ランチやティータイムには「海鮮カフェ はねやすめ」へ立ち寄ろう

灯台や展望台を巡り、美しい海景色にうっとり

次に、パールロードの国崎口から地方道に入って5分ほど走り、志摩半島の最東端に立つ鎧埼灯台へ。八角形の形が印象的で「鳥羽十景」にも選ばれた。波が岩礁に打ち寄せる海景色にしばし見とれる。再びパールロードへ戻り、志摩方面へ進むと、「面白展望台」へ到着。ユニークな名称をもつこの展望台からのリアス海岸の眺めはなんとも美しく、畔蛸町、相差町、そして太平洋を望める。駐車スペース、トイレもあるので、ひと休みするのにもぴったり。夜景が美しいことでも知られる。

「面白」の地名は相差の西明寺にあった、北条時頼命名と伝わるクロマツ「面白の松」に由来 「面白」の地名は相差の西明寺にあった、北条時頼命名と伝わるクロマツ「面白の松」に由来

的矢湾に架かる赤い橋を眺めつつ、思い出に浸る

そして、鳥羽から志摩へのパールロードドライブの締めくくりとなる、的矢湾大橋へ。志摩市磯部町の的矢湾に架かる全長237.6mの赤い橋で、青い海と周辺の緑の山々との鮮やかなコントラストが胸に迫る。複雑に入り組んだリアス海岸のダイナミックな風景も見ごたえ十分だ。全景を眺められる橋北側の展望スペースからは、絵葉書のような風景を写真に収めておきたい。駐車場もあるので、休憩しながらシーサイドドライブを振り返るのもいいだろう。

パールロードの志摩エリアの玄関口となる的矢湾大橋。的矢湾に赤塗りの橋桁が映える パールロードの志摩エリアの玄関口となる的矢湾大橋。的矢湾に赤塗りの橋桁が映える

スポット詳細

住所
三重県鳥羽市・志摩市
エリア
鳥羽エリア
電話番号
0599460570
駐車場
有り

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          鳥羽エリアのおすすめスポット

          三重のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました