お宮の松

銘木
国道135号線沿いの海岸線にある松の木。元々は江戸時代からの歴史があり、老中・松平伊豆守信綱が植えた姿が非常に美しいことから「羽衣の松」と呼ばれていた。この松を一躍有名にしたのが明治30年(1897)から6年間にわたって読売新聞に連載された尾崎紅葉の「金色夜叉」だ。紅葉の門人・小栗風葉がそばに金色夜叉の句碑を立てたことから「お宮の松」と呼ばれるようになった。今では「貫一・お宮の像」とあわせて熱海観光の撮影スポットになっている。

スポット詳細

住所
静岡県熱海市東海岸町
電話番号
0557866240
時間
24時間
休業日
無休
駐車場
あり(313台)
Wi-Fi
あり(Free_WiFi_ATAMI)
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          熱海・伊東・伊豆高原エリアのおすすめスポット

          静岡のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました