関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

浅草花やしき

浅草寺の西側に広がる遊園地。嘉永6年(1853年)に花園として開園し、日本で最初の遊園地と言われている。園内には長い歴史を持つ花やしきだからこそ作れるレトロな雰囲気が広がっている。人気の絶叫マシン「スペースショット」は地上60mまでを一気にかけ上がる花やしき史上最強・最速のアトラクション。頂上からは浅草の街を一望することができる。ファミリーからカップルまで楽しめる人気のレジャースポットだ。

place

東京都台東区浅草2-28-1 (上野・浅草・両国エリア)

phone 0338428780

浅草花やしきの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/09 日本で最も歴史の古い遊園地です。
浅草エリア散策委に立ち寄り。
言わずと知れた観光スポット、浅草寺周辺にある遊園地です。
日本で最も歴史の古い遊園地で、レトロな施設やアトラクションが揃っています。
大きな遊園地ではありませんが、歴史を感じながら楽しめるスポットです。
土日祝日は観光客で賑わっているので、静かに散策したい方には平日の午前中早めがお薦めです。
投稿日:2020/01/25 開園はなんと江戸時代
1853年開園というから、ペリー来航と同じ年だ。最初は文字通り花を見ながらお茶を飲める、フラワーパークのような場所だったらしい。その後動物や鳥も展示するようになり、遊具ができ、次第に今のような形になったそうだ。びっくりするようなアトラクションはないが、こういう古き良き小さな遊園地もたまにはいいものだ。
投稿日:2020/01/02 空いていたら楽しいな
年末に行きました。天気が良いのもあって大混雑でした。ローラーコースターは40分くらい並んだかも。小ぢんまりとした遊園地なので、もう少し空いていたらサクサク乗れて全部制覇できそうです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都台東区浅草2-28-1 [地図]
エリア
上野・浅草・両国エリア
電話番号
0338428780
時間
10:00-18:00(最終入園17:30)
※季節・天候により変動あり
休業日
不定休(メンテナンス等)
料金
【入園料】
[大人(中学生-64歳)]1,000円
[小人(小学生)・シニア(65歳以上)]500円
[未就学児]無料

【フリーパス】
[大人(中学生-64歳)]2,500円
[小人(小学生)]2,200円
[未就学児(2歳以上)]2,000円
[シニア(65歳以上)]2,000円
※入園料別途
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(喫煙所のみ)
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
120分以上
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい
お知らせ
【新型コロナウイルス感染症予防対策について】
営業時間、料金共に変更となる場合がございます。詳細は浅草花やしき公式HP(https://www.hanayashiki.net/)をご確認ください。

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。