浅草花やしき

遊園地/テーマパーク

日本現存最古のローラーコースターが人気

観光地・浅草にある下町の懐かしさを感じる遊園地。江戸時代末期にまでさかのぼる歴史と、新旧織り交ぜたアトラクションは、観光客はもちろん地元住民の集いの場としても親しまれている。

今も現役で走るローラーコースター。最高時速は42km/h 今も現役で走るローラーコースター。最高時速は42km/h

浅草観光と一緒に楽しめるレジャー施設

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩約3分、浅草寺に隣接する浅草花やしき。約5800平方メートルという空間にアトラクションがギュッと詰まり、家族連れはもちろん、大人だけで来園しても楽しめるレジャースポットだ。アトラクションに乗る場合は入園料とは別にのりもの券(11枚つづり)が必要で、4つ以上の乗り物に乗車するなら園内のチケットハウスで販売しているフリーパスの利用がおすすめだ。

展望スポットのスカイプラザから浅草花やしきを一望。浅草寺の五重塔など、浅草界隈の眺望も楽しめる 展望スポットのスカイプラザから浅草花やしきを一望。浅草寺の五重塔など、浅草界隈の眺望も楽しめる

花園から遊園地へ

浅草花やしきは2022年(令和4)に開園169年を迎えた。江戸時代末期、ちょうどペリーの黒船が浦賀に来航した1853年(嘉永6)に、当時のカリスマ造園師といわれた森田六三郎が、浅草浅草寺の敷地を借りて花園(かえん)を造ったのが遊園地の始まりだ。場所に「屋敷」と名前をつけることが容易でなかった時代、輪王寺宮より「屋敷」の呼称を使用する許可を得て、花園を「花屋敷」と名づけたのが、現在の「浅草花やしき」の由来になる。その後、動物園や劇場などの歴史を経て、1949年(昭和24)に「浅草花やしき」と改名した。今の遊園地の面影が残るのはこの頃からだ。

日光をイメージしているとされるしあわせ橋と池 日光をイメージしているとされるしあわせ橋と池

狭小空間を駆け抜けるローラーコースターははずせない!

浅草花やしきのメインはなんといってもローラーコースター(身長、年齢制限あり)だ。1953年(昭和28)から運行を始め、現存するなかで日本最古のコースターといわれている。このコースターは当時のアメリカのジェットコースターを、見様見真似の手探り状態で造ったものだが、メンテナンスや改良を繰り返しながら乗り継がれている。現在は浅草花やしきのなかでいちばんの人気を誇り、敷地をぐるりと一周するようにレールが敷かれている。建物と建物の間ギリギリの空間をすり抜けるように走るローラーコースターは、一般的な絶叫マシーンとはまた違ったスリルがあり、何度も乗りたくなる。

建物の通路からすぐそばを通るローラーコースターを眺められる 建物の通路からすぐそばを通るローラーコースターを眺められる

大人も子どもも楽しめるアトラクションが凝縮

ローラーコースター以外にも年齢問わず楽しめるアトラクションは盛りだくさん。着物で行きたい遊園地をテーマに、縁日(お祭り)の楽しさを体験できる「マルハナ縁日」(利用料別途)、2011年(平成23)にリニューアルオープンした「お化け屋敷」、浅草花やしきで現在一番古いアトラクション「ビックリハウス」などは子どもだけでなく、大人でも楽しめると好評だ。また、浅草エリアを一望できる「スカイプラザ」や昔から変わらぬ人気の「メリーゴーランド」は記念撮影スポットにもなっている。フードコートなどの食事コーナーやお土産ショップもあるので、一日楽しめるスポットだ。

「おもちゃすくい」、「まとあて」、「わっかなげ」の3種類が楽しめる 「おもちゃすくい」、「まとあて」、「わっかなげ」の3種類が楽しめる

遊園地としてスタートしたときにできた「ビックリハウス」。当時は画期的なアトラクションとして話題になった 遊園地としてスタートしたときにできた「ビックリハウス」。当時は画期的なアトラクションとして話題になった

怪談話『桜の怨念』をテーマに、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏がプロデュースした「お化け屋敷」 怪談話『桜の怨念』をテーマに、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏がプロデュースした「お化け屋敷」

スポット詳細

住所
東京都台東区浅草2-28-1
エリア
浅草エリア
電話番号
0338428780
時間
10:00-18:00(最終入園17:30)
※季節・天候により変動あり
休業日
不定休(メンテナンス等)
料金
【入園料】
[大人(中学生-64歳)]1,000円
[小人(小学生)・シニア(65歳以上)]500円
[未就学児]無料

【フリーパス】
[大人(中学生-64歳)]2,500円
[小人(小学生)]2,200円
[未就学児(2歳以上)]2,000円
[シニア(65歳以上)]2,000円
※入園料別途
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club、その他)
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(喫煙所のみ)
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
120分以上
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい
お知らせ
【新型コロナウイルス感染症予防対策について】
営業時間、料金共に変更となる場合がございます。詳細は浅草花やしき公式HP(https://www.hanayashiki.net/)をご確認ください。

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

チケット情報

更新日:2022.12.08

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 日本で最も歴史の古い遊園地です。
    4.0 投稿日:2020.02.09
    浅草エリア散策委に立ち寄り。言わずと知れた観光スポット、浅草寺周辺にある遊園地です。日本で最も歴史の古い遊園地で、レトロな施設やアトラクションが揃っています。大きな遊園地ではありませんが、歴史を感じながら楽しめるスポットです。土日祝日は観光客で賑わっているので、静かに散策したい方には平日の午前中早めがお薦めです。
  • 開園はなんと江戸時代
    4.0 投稿日:2020.01.25
    1853年開園というから、ペリー来航と同じ年だ。最初は文字通り花を見ながらお茶を飲める、フラワーパークのような場所だったらしい。その後動物や鳥も展示するようになり、遊具ができ、次第に今のような形になったそうだ。びっくりするようなアトラクションはないが、こういう古き良き小さな遊園地もたまにはいいものだ。
  • 空いていたら楽しいな
    4.0 投稿日:2020.01.02
    年末に行きました。天気が良いのもあって大混雑でした。ローラーコースターは40分くらい並んだかも。小ぢんまりとした遊園地なので、もう少し空いていたらサクサク乗れて全部制覇できそうです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          浅草エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました