関連する記事

関連する観光コース

- 沖縄 PHOTO ALBUM -

banner_photo

テルメヴィラ ちゅらーゆ

中頭郡北谷町美浜のホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」に隣接した温泉施設。きりきず、やけど、慢性皮膚病などに効能があるナトリウム-炭酸水素塩温泉の源泉をかけ流しで使用した露天風呂をはじめ、屋内の大浴場やサウナを備える。また、屋外の水着ゾーンには温泉を利用したヒーリングプールや、多目的プール、浅瀬プールを併設。マッサージ施設や食事処も利用できる。

place

沖縄県中頭郡北谷町字美浜2 (中部・西海岸エリア)

phone 0989262611

Terme VILLA ちゅらーゆの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/01/17 あれれ、皆さんと感想のGAPが。。。
純粋に、温泉だけに入りに来たのですが。。。温泉、プールともガラガラ。まぁ、1月の曇り天気ですからね。入館料1600円(休日価格)だかは、高いですが、沖縄とは思えない、良い温泉でした。ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性アルカリ高温泉)無色透明にて、微硫化水素臭、無味でPh8.6、湧出量326ℓ/minと豊富。源泉温度41.5℃。如何せん源泉かけ流しです。たぶん、この源泉温度ですから、加水加温もないと思...
投稿日:2020/01/06 残念
ここ数年毎年ビーチタワーに泊まり、温泉も利用していますが。他の方も書いているとおり混雑はひどく、洗い場は狭い。脱衣所は口コミにあったからかスタッフが常に床を拭いていましたが、何しろ客が濡れたまま上がってくるので常にどこかは濡れている。以前は宿泊客は無料でしたがパスポート付では、ないと一般料金の半額が必要になりました。あんなに混んでいて経営きついのかな?と思ってしまいますが。休憩室も狭くゆっくりでき...
投稿日:2019/10/01 他の口コミの訳がわかった! 「リゾート」の印象を悪くする掃除のおばあさん
家内と一緒に1歳児を連れて利用。プールは狭く、古い感じがにじみ出ているが、この年令の子供が遊ぶには悪くない。プールから直接海岸にも出られるし、何よりも2回目のプール体験で、娘が大喜びしていたのがよかった。小学生になると物足りないかもしないが、まぁ、温泉施設だし、高望みはすまい。
また連れて来ようと思い、楽しい気分で帰りの支度をし、ロビーで待っていると家内が怒りの形相で現れた。聞いてみると、掃除...

おすすめ記事

詳細情報

住所
沖縄県中頭郡北谷町字美浜2 [地図]
エリア
中部・西海岸エリア
電話番号
0989262611
時間
[屋内施設]7:00-23:00(最終入館22:00)
[屋外施設]10:00-22:00
休業日
年1回、施設メンテナンスの為の休館日あり
料金
【入場料】
[朝風呂(7:00-9:00)]大人700円、小人(4-11歳)600円

[平日]大人1,300円(障がい者900円)、小人800円(障がい者700円)、65歳以上1,200円

[土日祝]大人1,600円(障がい者900円)、小人800円(障がい者700円)、65歳以上1,300円

※乳幼児・付き添いの保護者は一律300円
※消費税・入湯税込みの料金です。
※65歳以上・障がい者は証明書をご提示いただく場合がございます。
駐車場
あり(約350台)
※北谷公園駐車場となります。
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(WAON、楽天Edy)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
その他(喫煙スペースのみ可)
平均予算
【昼】1,001-3,000円
【夜】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
可(更衣室までは可)
※浴室はご遠慮頂いております。
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。