旧山内家下屋敷長屋展示館(国指定重要文化財)

博物館/科学館

現存しているなかで最も大規模で本格的な武家長屋敷

この道の先には龍馬も泳いだ鏡川が流れる この道の先には龍馬も泳いだ鏡川が流れる

高知城追手門から南へ下って徒歩約10分。幕末に建てられた山内家の足軽屋敷が今もその姿を残している。通称は「散田邸」。幕末の1864年(元治元)に土佐藩15代藩主山内容堂(やまうちようどう)の下屋敷として、屋敷の警護に就く足軽が宿泊するために建てられた。明治維新後は拡張されて山内家の本邸として使われていたが、戦後は売却され、跡地にホテル三翠園が建つ。現存する長屋と門、物見亭のうち長屋は国の重要文化財に指定され、全国的にも数少ない貴重な建物だ。また、物見亭は1867年(慶応3)2月に容堂と西郷隆盛が会見した場所として知られる。すべて無料で公開されており、屋敷内部や幕末後期の土佐藩氏や庶民の生活がわかる用具や和舟などが見られる。長屋は三翠園の庭の一角にあるが、庭も当時の面影を残しているのでじっくりと味わってほしい。道路を隔てて隣接する「鷹匠公園」とパーキングは南御屋敷があったところで、山内一豊はじめ歴代藩主を祀る「山内神社」もあり、容堂の銅像が建っている。

藩政後期の台所用品も展示されている 藩政後期の台所用品も展示されている

長屋は2階建てで、2階には土佐藩船・夕顔丸の模型などを展示 長屋は2階建てで、2階には土佐藩船・夕顔丸の模型などを展示

スポット詳細

住所
高知県高知市鷹匠町1-3-35
電話番号
0888327277
時間
7:00-17:00
休業日
無休
料金
[入館料]無料
駐車場
なし
備考
※電話番号は高知市民権・文化財課(月曜休)に繋がります。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          高知市エリアのおすすめスポット

          高知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました