エンマ台(エンマ台展望台)

展望台/展望地

現世で見られる地獄絵図。山々の眺望には心打たれる

眼下では地獄谷からもくもくと煙が立ち上っている 眼下では地獄谷からもくもくと煙が立ち上っている

みくりが池温泉を過ぎた先にあり、その名のとおり、閻魔(えんま)大王が地獄谷を見下ろしているかのような展望台だ。灰白色の山肌、噴煙が吹き上げる荒涼とした景色は、まさに地獄そのもの。以前は地獄谷を散策することもできたが、人体に有害な火山性ガスが影響で通行止めとなり、この場所でしか見られない。風向きによって火山性ガスの濃度が高まるため、近くにある火山ガス情報ステーションで危険度を表示している。展望台の正面には、雄山山頂の西側にある山崎カール(圏谷[けんこく])があり、その谷状の地形は氷河の浸食によってできたものだ。1905年(明治38年)に地理学者の山崎直方が日本で初めて発見し、日本に氷河時代が存在したことを証明した。展望台から見える地獄谷、山崎カール、大日連山(奥大日岳、中大日岳、大日岳など)、立山三山(雄山、大汝山、富士ノ折立)が季節ごとに表情を変え、いつ訪れても新しい発見がある。

このステーションの赤ランプがついたら危険! このステーションの赤ランプがついたら危険!

エンマ台の左前方に、平地の街並みが見えることがある エンマ台の左前方に、平地の街並みが見えることがある

スポット詳細

住所
富山県中新川郡立山町芦峅寺
エリア
立山エリア
電話番号
0764621001

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          立山エリアのおすすめスポット

          富山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました