横山郷土館

資料/郷土/展示/文学館

明治に隆盛した豪商の暮らしを再現。「開かずの金庫」も?

江戸末期、巴波川(うずまがわ)の舟運を活用して麻問屋として財をなし、さらに「栃木共立銀行」という銀行を営んだ豪商・横山家の店舗兼住宅や蔵などを見学できる。当時使われていた紙幣や金庫、美しい回遊式日本庭園など、見どころ満載の懐かしい空間を満喫しよう。

巴波川を隔てて対岸からの横山郷土館。ガス灯がシンボル 巴波川を隔てて対岸からの横山郷土館。ガス灯がシンボル

日本の商家で唯一残る建築の美

かつて巴波川の舟運によって栄えた商人の街・栃木。明治には栃木県の県庁所在地として政治経済・文化の中心地となり、県庁移転後もその文化的遺産が残され、現代にいたっている。横山家もその時代に栄えた商家のひとつ。栃木が良質な下駄の産地であったことから、下駄の鼻緒に使用される麻を主力とした荒物商から始め、その財で金融業にも進出。栃木共立銀行という個人銀行を営んだ。中央に切妻造の店舗、その左右に文庫蔵と麻蔵を備えた両袖切妻造の建築様式は、日本の商家では横山家のみ。店舗も蔵も国の登録有形文化財に登録されている。
あたたかみのある光を灯すたったひとつのガス灯、栃木県鹿沼産の深岩石とレンガで組まれた強固な蔵、店舗の窓に施された麻の葉模様の擦りガラス……。往時をしのばせる建築の美が、蔵の街並みのなかでもひときわの存在感を放っている。

麻の葉模様の磨りガラス。明治時代の職人技で、一枚一枚手で磨りあげている。一つひとつ模様が異なるのが見てわかる 麻の葉模様の磨りガラス。明治時代の職人技で、一枚一枚手で磨りあげている。一つひとつ模様が異なるのが見てわかる

目が釘付けになる、昔懐かしの道具類

その時代を生きたわけでもないのに、なぜか懐かしい気分になる。横山郷土館にはそんな家具や調度品が数多く展示されている。当時の銀行の様子を再現した店舗内には帳簿類やスタンプ、イロハのダイヤルをもつ巨大な金庫が。この金庫は、以前は開かずの金庫だったが、テレビ番組の企画内で解錠され、当時の紙幣などが発見された。それらも店舗スペースで紹介している。文庫蔵では麻がらを炭にして作られた懐炉灰(かいろばい)やその入れ物、当時のアイスクリーム製造機といった道具類、麻蔵では江戸時代の雛人形などを展示しており、目が釘付けになるものばかり。タイムスリップ気分をのんびり楽しめる。

当時の銀行の様子を再現。奥に大きな金庫がある 当時の銀行の様子を再現。奥に大きな金庫がある

文庫蔵には昔懐かしのアイテムがずらり 文庫蔵には昔懐かしのアイテムがずらり

離れの洋館と日本庭園も素敵

敷地内西側へまわると、母屋とは雰囲気の異なる洋館と日本庭園がある。建物は1918年(大正7)にゲストハウスとして建てられたもので、内装は座敷、外装は洋風で和洋折衷の造り。第二次世界大戦中には歌舞伎役者の市川猿翁氏が疎開していたこともあるそう。日本庭園との組み合わせは映画のワンシーンを思わせ、眺めているだけでノスタルジックな気分にさせてくれる。
大広間から見渡せるように手入れされた庭園は、龍が天へと昇るかのような松の木をはじめとする植栽が見事。広間には天然記念物の屋久杉が建材として使用されている部屋もあり、当時の暮らしぶりをため息とともに想像してしまうほどすばらしい。この風情を、着物姿で満喫できる着物レンタル・着付けサービスも実施している(運営:八重桜の会・1週間前までに要予約)。写真映えも間違いなし。思い出にぜひ小江戸情緒を持ち帰ろう。

ヨーロッパの建築技法・ハーフティンバー様式の建物 ヨーロッパの建築技法・ハーフティンバー様式の建物

和と洋が融合した美しい空間 和と洋が融合した美しい空間

松、ツバキなど四季折々の彩りに癒やされる回遊式庭園 松、ツバキなど四季折々の彩りに癒やされる回遊式庭園

スポット詳細

住所
栃木県栃木市入舟町2-16
電話番号
0282220159
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
月(ただし祝の場合はその翌日)、年末年始
料金
[入館料]一般(高校生以上)300円、中学生以下無料、団体割引(20名以上)200円/人

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 外観は 店舗の両側に石造蔵(深岩石、鹿沼市産)の純和風ですが 庭園内に洋館があります
    5.0 投稿日:2019.04.23
    こちらが《国登録有形文化財》であることから訪問しました。店舗[右側:麻苧(あさお)問屋、左側:銀行]の左右に石造蔵(深岩石、鹿沼市産、内部の説明文には 大谷石より水に強く、うずま川の氾濫が多いことから使用されたとのことです)を持つ 栃木市にある数多い蔵の中でも 珍しい様式になっている上に 庭園内に 外観が洋風(内部は和風装飾、但し 天井は洋風、添付 写真参照)の離れがあり 4月21日訪問時 [桃の...
  • 栃木市の代表的文化財の一つ
    4.0 投稿日:2018.08.12
    明治時代の豪商、横山家の店舗。木造の母屋と石造りの蔵がくっついた、特異な構造が面白い。数年前に横山家から市に寄贈されたとのこと。2015年の鬼怒川洪水の時は、市内を流れる巴波川(うずまがわ)が氾濫し、床上浸水にあったらしい。
  • 麻問屋と銀行
    5.0 投稿日:2018.06.25
    巴波川沿いにあり、入場料300円です。歴史について学べると同時に、落ち着いてゆったりとタイムスリップできます。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          足利・佐野・栃木エリアのおすすめスポット

          栃木のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました